少年たちの迷宮―裁かれた十歳の殺人者たち

少年たちの迷宮―裁かれた十歳の殺人者たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163539508
  • NDC分類 936
  • Cコード C0036

出版社内容情報

英国の十歳の少年たちはなぜ子供を惨殺したのか?大人と同様に裁くのは正しいのか?詩人の眼を通じて子供の心の闇を語る

内容説明

二歳の子どもを殺した十歳の少年たちの心の迷宮にいま、ひとりの詩人が足を踏み入れる―。裁判官殿、もし十歳の子どもに善悪の区別が正しくできると言うなら、十歳の子どもに陪審員を任せますか?1993年2月12日、英国リヴァプールのショッピング・センターから二歳の男児ジェイムズ・バルガーが行方不明になった。二日後、近くの線路上で撲殺されたうえ、切断されたジェイムズが発見される。その犯行の残虐さに人々が恐れおののくなか、十歳の少年二人が逮捕された。世論にあと押しされるように、彼らは実名で報道され、殺人容疑で裁判にかけられ、不定期刑(無期懲役)の判決が下る。

目次

1 少年十字軍
2 法廷
3 十五時四十二分三十二秒
4 行路
5 専門家
6 家
7 嘘、涙
8 週末
9 殴打
10 性的暴力の痕跡
11 答弁なし
12 まさかの話

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よみびとしらず

1
「迷」作。自身の幼年期や思春期の回顧にかなりの紙幅を割いているせいで客観性に欠け、纏りのない印象。ルポと言うよりエッセイ、それか草稿にも思える。しかし、「かつての子ども」として子をもつ親として、被害者加害者双方の苦しみを考えて揺れ動く様は強いて言えば我々傍観者寄りか。2017/03/30

くさてる

1
3歳の子どもを殺した10歳の少年2人の裁判を見守ることとなった詩人は、否応なしにその事件の影響を受け、思い悩み、そのなかでもかれなりの真実を求めようとする。実際に起こった事件のノンフィクションではあるけれど、陰惨な実話告白や驚きの真実という雰囲気はない。むしろ、どこまでも袋小路のやるせない諦めの空気、誰にもどこにもぶつけようのない殺人という罪の苦しさが読後感として残った。裁判をきっかけにして綴られていく著者自身の思い出との向かい合いかたが真剣で、とても誠実だと感じた。2012/04/04

のちおちゃん

0
2015/12/06

コウ

0
イギリスで実際に起きた少年犯罪の記録です。悲惨で苦いこの事件から我々は何を学ばなければならないのか? 問われているのは、とてつもなく大きな「こと」です。★★★★☆2008/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/31634
  • ご注意事項