情報、官邸に達せず―「情報後進国」日本の悲劇

  • ポイントキャンペーン

情報、官邸に達せず―「情報後進国」日本の悲劇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163514307
  • NDC分類 312.1

内容説明

大震災、サリン事件、北朝鮮問題などの危機にリーダーシップを揮えなかった官邸の悲しむべき現実を検証し、日本における“情報機能(収集・分析・伝達)”の構造的欠陥を解剖する。驚愕のコンフィデンシャル・ドキュメント。本書は“国家機密”の実態にメスを入れると同時に、内閣合同情報会議、内閣情報調査室、内閣安全保障室、公安調査庁、防衛庁統合情報本部、外務省国際情報局、警察庁外事課などの知られざる日本の情報機関の内情を初めて解明した画期的なノンフィクション作品である。

目次

官邸が演じた「喜劇」(官邸抜きの“史上最大の作戦”;官邸に「決断」の文字なし;官邸も揺るがした阪神大震災;官邸製「国家機密」の秘密)
「情報空白域」の官邸(宙に浮いた「内閣機能強化案」;対北朝鮮の危機管理が破綻した日;外務省情報は『大本営発表』か;情報戦略なき国家の悲劇)

出版社内容情報

オウム、大地震などで露見した情報軽視の平和ボケ日本のお粗末な危機管理体制の内幕を、初めて暴いた衝撃のノンフィクション!