「家」の履歴書―このヒトはどんなイエに住んできたか

  • ポイントキャンペーン

「家」の履歴書―このヒトはどんなイエに住んできたか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163511603
  • NDC分類 914.6

内容説明

「家」を語るコトによって浮き彫りになった有名人たちの半生。インタビューとイラストで各界著名人たちの棲み家をかい間見る。

目次

理想の家は大きなお屋敷みたいな和風の家(羽生善治)
なぜか失業中に買ってしまった初めての家(海老沢泰久)
三畳一間から2LDKまで女ひとり大東京を生き抜く(岡本夏生)
ファッション感覚として耐えられる家がいい(石津謙介)
彼女と住むはずの家で三十年間一人暮らし(天本英世)
「焼けた、揉めた、建てた」のマイホーム再建記(遊佐雄彦)
家を買う時も、「よっしゃ、買った」と衝動買い(藤原喜明)
快適な家で生活してこそいいプレーができる(ウーゴ・マラドーナ)
一番よかった住まいはマンハッタンのアパート(宮本政於)
アメリカに不法滞在していた「永遠の家出少女」(TAMAYO)〔ほか〕

出版社内容情報

各界の有名人たちはこれまでどんな「家」に住んできたか──三九人にインタビュー、住家を語ってもらうことにより彼らの半生を辿る