「オウム真理教」追跡2200日

電子版価格 ¥968
  • 電書あり

「オウム真理教」追跡2200日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 526p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163505800
  • NDC分類 169.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

横浜の弁護士一家拉致事件いらいカルトを追い続けた執念の記録。冷静な筆遣いで浮き彫りにした重たい真実と冷めた憤りをみよ!

内容説明

不可解な教団を追いつづけて、まる六年。みずから、ホスゲンによる攻撃を受けながら、一貫して「事実」を究明―捜査当局、大マスコミも参考にした執念の全記録。「オウム白書」の決定版。

目次

序章 オウム真理教と私
第1章 坂本弁護士一家拉致事件
第2章 熊本県波野村粉争事件
第3章 宮崎資産家拉致・監禁事件
第4章 松本サリン事件
第5章 地下鉄サリン事件・仮谷氏誘拐事件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もちもちかめ

22
絶版なの、納得いかない。私に江川さんへ金を支払わせろ。古本屋へでなくて。これ読んで、魂が震えない人はいないと思いました。読みにくかった。ものすごく読みにくかった。前の本の記録とすごーく空いてるの、そのせい。しかも他の本も読ませない。坂本堤弁護士が急に居なくなったのに、警察も強制捜査してくれなくて、オウムはのらくらして、本当に恐ろしい。絶対オウムあいつらのせいってメモ残した假谷さん、そのメモでは捜査してくれないなんて!警察、人が死んでから動く、のね。世のあまりの理不尽さに呆然、恐怖。2019/01/24

takam

14
江川さんのオウム事件をまとめた文章だが、95年当時に警察が本腰を上げて捜査したことを一つのマイルストーンとして出版した本という印象。ある信者の親の相談を受けたことにより江川さんはオウムとの関係が始まる。坂本弁護士を紹介したことにより本人は責任を感じて(そう私は読み取った)、オウム問題にジャーナリスト/個人としての命を懸けて取り組んだのだなと思った。恐らく当時のオウムを取り上げたジャーナリストとしては最前線にいただろう。というか、当時は気味が悪く、取り上げたくないマスコミの方が多かったのでは (続く2020/03/21

おっとー

10
辛すぎる。不殺生を唱えつつ平気で人を殺し、救済を唱えつつ平気で破滅を導く、矛盾と理不尽に満ち溢れたオウム真理教の実態。坂本弁護士一家殺人(当時はまだ「拉致」)、宮崎資産家誘拐、公証役場事務長殺人(これも当時「誘拐」)、そして松本サリンと地下鉄サリン…それぞれの事件を巡るルポが詳細に展開される。そこで明らかにされるのは監禁、リンチ、洗脳、布施の強要、劣悪な食事と住環境、怪しげな修行などのオンパレード…。人の心に寄り添うはずの宗教が絶対的に帰依する対象となったとき、人間はブレーキの効かない暴走を重ねてしまう。2021/07/23

Cinejazz

3
日本の犯罪史上最大最悪の「オウム真理教事件」の数々を【江川紹子】が追った迫真のドキュメント。教祖らの逮捕後に筆者は “麻原彰晃は、「人類救済」を謳いつつ、人間の尊厳を踏みにじり、不幸をばらまいてきた根源である。彼が負わなくてはならない罪は途方もなく大きい。”と結んでいる。教祖と教団幹部12人は、逮捕から23年後の2018年に死刑が執行されたが、被害者家族と元信者らが負った傷の深さは、想像するに余りある。2019/12/18

e r i .

2
図書館2017/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/231915

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。