伝・日本映画の黄金時代

  • ポイントキャンペーン

伝・日本映画の黄金時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 322p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784163430102
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

内容説明

映画が真に国民の娯楽であった時代に、名作「西鶴一代女」から裕次郎の「嵐を呼ぶ男」、小林旭の“渡り鳥シリーズ”まで、“当たる映画”を撮り続けた名プロデューサーの波瀾の自伝。長谷川一夫、上原謙から鶴田浩二、吉永小百合まで総登場。

目次

プロデューサー稼業半世紀―序にかえて
第1章 衣笠貞之助に勧められて映画入り
第2章 林長二郎の巧みな自己演出
第3章 尾上菊五郎と花柳章太郎のラヴシーン
第4章 古賀政男がまいてくれた宣伝チラシ
第5章 小津安二郎との賭け
第6章 溝口健二の意外な物欲
第7章 鶴田浩二の24時間勤務
第8章 刑務所に入った田中絹代
第9章 大いなる自然児、石原裕次郎
第10章 ハラケンの原作で「シェーン」をしのいだ小林旭
児井英生全映画作品リスト

出版社内容情報

名作「西鶴一代女」を製作したプロデューサーが描く、田中絹代から石原裕次郎、吉永小百合までが総登場する日本映画の豪華裏面史