男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 21X15cm
  • 商品コード 9784163429205
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

インテリ男はなぜセクシーでないか──辛辣にして優雅、ユーモラスで毒がある塩野七生が放つ男についての五十四章のアフォリズム

内容説明

辛辣にして優雅ユーモラスで毒がある塩野七生の「男性改造講座」。

目次

頭の良い男について
イタリア男、イギリス男に圧倒されるの巻
古き皮袋に新しき酒を
再び、古き皮袋に新しき酒を
嘘の効用について
再び、嘘の効用について
「同じ言語」で語りあえることの尊さについて
装うことの素晴らしさ
「絵」になるということ
クロウトの意見
女には何を贈るか〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiroki Nishizumi

3
面白いところが多いエッセイで良かった。中にはパッとしない章もあったが、それは仕方ないのかも知れない。ハンドバッグが女の心、そして肉体の一部とは全く認識がなかった。食事の仕方で育ちが分かるとは厳しい指摘だ。色気とスタイルを忘れないようにしよう。そしていつか、春風にも似た優しく官能的な快感、を起こしてみたいと思った。2017/02/21

ひこ丸

1
全般にハードルの高い課題ばかりでした。印象に残ったのは「スタイル」という言葉。容姿ではなく自立した大人として雰囲気を醸し出すことと理解したが、これも難しい。2016/10/05

sayako_kyoto

0
かっこいい男が少なくなった、というより、いなくなった?塩野さんが書かれているような、ポリシーを持った男はなかなかいないのである。女が見る目がなくなったのかも。軽めのエッセイかと思って読み始めたが、結構ボリュームがある。2011/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/448316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。