私の映画手帖

私の映画手帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 463,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784163426105
  • NDC分類 778.04

出版社内容情報

場末の映画館で、試写会で、旅先の異国の劇場で、生きることの楽しみのために観た映画について、またそれを作った監督のことなど

内容説明

時代の精神を切実にうつし出すスクリーンを通し、“いま〈幸福〉とは何か?”を考える。390本の映画・監督・製作者144名、そしてあまたの出演者にふれるいまだかってなかった、映画紹介と観賞と批評。全映画エッセイ。

目次

1 私の映画手帖(映画は音楽で縫いとりされる;サスペンスの花盛りの下で;東京の映画館をめぐりながら;映画の楽しみはまず題名…;東京国際映画祭の周辺から;アフリカ、映画、そしてウッディ・アレン;『それから』と様式とフェリーニと;愛の不在に突き刺さる視線;あるロシアの映画監督の死;幸福をめぐり、映画をめぐり;ビデオから映画へ、映画からビデオへ;いま〈大入り〉映画の条件とは;ある映画的女性論 ほか)
2 映画と日々(現代映画の傾向―世界の曲り角で;『鏡』そしてこの孤独なロシア人について;危機への戦慄―『ストーカー』の前衛性の意味;タルコフスキーの背景にあるもの;『エミタイ』の持つ視線;心の砂漠を流れる河;ヴィスコンティを解く鍵―健全な〈祟高さ〉;Uボートへの鎮魂歌;ヨーロッパの栄光と虚偽の間;ヌーヴェル・ヴァーグ以後;空虚な空間の示す意味;純粋な生命のプロテスト;『カラヴァッジオ』その反転の美学;ポーランド、そしてポーランドを超えるもの ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

FK

6
氏の映画に関する本は、他に『美しい人生の階段』と『幸福までの長い距離』というのがある。計3冊。本書に収録されているのは、1980年~1987年に書かれた映画評論である。小説家というのは、こういうふうに映画を観るのか、という思いで読んでいった。すでに観ていたものについては、そのような見方ができるのか、と。まだ観ていないものについても、何としても入手して観てみたいと思わせる、そのような文章が散りばめられているのだ。読んでいる途中で、何本かの映画のDVDを購入した。そのうちようやく数本ほど観ることができた。2019/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1110114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。