悪の教典〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 411p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163295206
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「思考」は殺され、「記憶」は見つめつづける――
とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー

「俺には感情がないらしいんだ」。生徒からの絶大な人気を誇り、職員室やPTAの間でも信頼の厚い教師、蓮実聖司(はすみ・せいじ)。好青年の貌(かお)をもち、高いIQを誇る蓮実の正体は、決定的に他者への共感能力に欠けた反社会性人格障害(サイコパス)だった――。暴力生徒やモンスターペアレント、集団カンニングに、淫行教師。現代の学校が抱える病理を自らも内包する私立学園に起きた惨劇とは。

上巻はこちら

内容説明

高校を襲う、血塗られた恐怖の一夜。極限状態での生への渇望が魂を貪りつくしていく。風雲急をつげる超弩級のエンタテインメント。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

473
ダメだ…。上巻はワクワクするほど面白かったのに、下巻は章が進むほどに幻滅。九章以降は惰性で読み進めた。残念。2011/04/03

文庫フリーク@灯れ松明の火

399
上巻で処刑されたカラス《思考》血に酔ったような場当たり的凶行と思考ハスミン。まさか高見広春さん的展開になるとは。高木・蓼沼に見せ場期待したが陸奥圓明流?デスロール。三匹の子豚・Todai=To die「死亡フラグ」etc・冴える悪趣味なウィット。警察はここまで無能では無いが全能でも無い。虚構を凌駕する現実。恐ろしさは隣にミニハスミン存在する可能性。読了感最悪なのに惹きつけられる貴志さん《ハスミン》の名前は忘れられそうに無い。エピローグが新たなゲームの始まりならば、次は『羊たちの沈黙』展開かな?→続2011/05/17

とら

389
最後まで徹底的に救われない。救われなさすぎる。これで生き残れると思い生じた策もことごとく化け物に潰されてしまうし、逮捕された後もまだ恐怖は拭えないなんて。でもあの化け物なら必ず生還してくるだろう。異常、異端、異様、異色、異例、異変、異質、異観、奇異、怪異・・・どれだけ「異」を並べたって、あの化け物は表せない。アイツの思考に同意出来る気がしない。担任らしいことをすることがあるのに何故。何だかんだで快楽殺人者なんだろうな。今年TOP3には入る大作でした!雄一郎の生き残ったらFFやり直すって発言にニヤリ^^ 2011/12/11

ちはや@灯れ松明の火

329
何処から引き返せなくなっていたのか。打算と欲望の上に成り立っていた独裁王国の礎、不穏分子による僅かな綻び、負の連鎖反応、修復不能な亀裂、漏れ出した狂気。ならば、と人ならぬ怪物は閃く。どうせ崩れ落ちてしまうのなら、悲鳴と流血とで赤く華々しく色染めようかと。晩夏の夜、地獄絵図と化す校舎。もう、戻れない。妄想であって欲しかった恐怖が眼前の脅威として具現化されるのと、信じていた絆が紛い物だったと死の直前に思い知らされるのでは、どちらがより残酷なのか。壊れた玩具のように、悪魔は嗤う、乾いた口笛の音、すぐ、傍に。 2011/03/05

そのぼん

320
遂に聖職者の仮面が剥がれて、恐ろしい本性が見えました。上巻から一転、下巻は殺戮に次ぐ殺戮で、かなりグロテスクでした。それと、オチも余韻を残しているところが、色々考えさせられました。下巻も一気読みでした。非常に面白かったです。2011/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/608055
  • ご注意事項