TOKYO YEAR ZERO

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163264202
  • NDC分類 933
  • Cコード C0093

内容説明

一九四五年八月十五日―東京、品川の軍需工場で女性の腐乱死体が発見された。そして一年後に発見される第二、第三の死体…敗戦を機に解き放たれた殺人鬼。そいつは何者なのか?それを追う警察もまた、その内部に大いなる秘密を隠し―実在の連続殺人鬼・小平義雄の事件をモチーフに現代イギリス文学の旗手デイヴィッド・ピースが描く日本の「占領」とその闇。戦慄の超大作“東京三部作”開幕。

著者等紹介

ピース,デイヴィッド[ピース,デイヴィッド][Peace,David]
1967年、イギリス、ヨークシャー生まれ。1994年、東京に移住。1999年、『1974ジョーカー』で作家デビュー。2003年、文芸誌「Granta」の選ぶ若手イギリス作家ベスト20のひとりに選ばれる。2004年、第四長編『GB84』でイギリスでもっとも伝統ある文学賞ジェイムズ・テイト・ブラック記念賞を受賞。現代イギリス文学の旗手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。