御宿かわせみ傑作選〈2〉祝言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163236407
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

描き下ろし挿絵が美しく彩る、愛蔵版傑作選・第二弾。単行本11巻から20巻の中より厳選された十篇を収録。「かわせみ」の江戸に、贅沢に心遊ばせる一冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

uran

8
最新刊の「青い服の女」が今ひとつだったので、「傑作選」を読むことに。素晴らしかった。なんで今まで読んでいなかったんだろ。「オリエント急行殺人事件」みたいなのもあり。花世と源太郎が可愛らしい。ほんわかだけでなく、厳しい現実を描いているのも良かった。今から全てを読むのは無理だろうけど、「傑作選」だけでも読み進めてみようと思った。イラストも良かった。2017/05/27

みかりん

7
よかったです。スッキリ捕物劇で終わる話も モヤモヤが残る話もまた良いですね。強面の髭もじゃ 永代の元締が 花世にメロメロな所も微笑ましいです。東吾とるいの祝言や千春の誕生。めでたいですね。2018/11/23

めぐみこ

1
【再読】花世の誕生から、るいと東吾の祝言、そして千春の誕生で子世代が出揃う。ちび花世が本当にかわいい。2020/05/22

めぐみこ

0
るいと東吾の結婚から千春誕生まで、もしくは花世誕生から源太郎に惚れられるまで。ちび花世は本当に可愛いな。「矢大臣殺し」の源七さんは、たぶん「十三歳の仲人」の代理大工の源七さん。2013/02/13

トロピカ

0
さすが傑作選、10話どれも濃くて面白かった。「お吉の茶碗」は特に好き。「虹のおもかげ」は切なかった。我が子と離ればなれになって暮らす気持ちってどんなんだろう。養子縁組とかでそれなりに幸せでいることを知っているならまだいいけれど、人さらいとか神隠しとかで生き別れになった親や子を思うとやりきれない泣……とクリスマスの夜にウルウルしてしまった一冊。2020/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/528877

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。