STAR EGG―星の玉子さま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 18X20cm
  • 商品コード 9784163235509
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0093

内容説明

宇宙には、沢山の孤独と、沢山の夢がある―人気ミステリィ作家、森博嗣が初めて自ら描いた絵本。

著者等紹介

森博嗣[モリヒロシ]
1957年生まれ。工学博士。某国立大学工学部建築学科助教授の傍ら、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し小説家としてデビュー。小説の他にも、エッセイや趣味の本、絵本など多方面で活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

177
星の王子さまではなくて玉子さま。森博嗣さんの可愛い絵本。たった1人しかいない大小の星をまわると、この世界のいろんな不思議が見えてくる。なぜ星はまるくて、星と星は引かれあって、永遠に回り続けているの。ボールを投げたらぐるっと一周して戻ってくるし、どうなっているの。きれいな光があったとしてもここには誰もいないから、何のためにあるの。孤独を忘れようと俯く人もいるし、最後の一本を目の前にして躊躇う木こりもいる。宇宙の旅は続く。さらに遠くに浮かぶ青い星。ここには何があるのだろう。穏やかで温かな平和な星なのだろうか。2023/12/31

シナモン

120
「誰もいない星」「三角の星」「縄跳びの星」「木こりの星」「クリスマスツリーの国」…宇宙の小さな星に住む玉子さまが愛犬ジュペリといっしょにいろんな星を旅する物語。物語が進むに連れて内容は科学的なものから哲学的なものへ。「木こりの星」以降はぐっと心に響きました。宇宙に上下左右がないようにこの本も逆さまにしたり横にしたりして楽しめます。そんな所も素敵だな。森博嗣さんが描くかわいい絵も印象的な一冊でした。2023/06/24

ままこ

76
空想と科学。孤独と夢。可愛いイラストで描かれる哲学的理系絵本。巻末に各星の森さんの解説入り。玉子さんのロケットはそういうタイプだったのか…。2018/11/05

キジネコ

46
不覚にも表紙の絵を見て「星の王子様」森博嗣版、だと思い込んでしまいました。しかしEGG?見直すと王子に点付き…うん? こうして私とタマコちゃんの宇宙の旅が始まりました。私達を含め全宇宙の存在が影響される大いなるforce。それは加護であったり支配であったり、物理の法則だったり、時には哲学的命題であったり…あるいは引力という呼び名を与えて全体像の一部を表現していたり…情報が与えてくれた知識が各々の記憶の引き出しの奥にしまわれた儘、分類札の埃を掃ってしげしげと… 確か この中はワームホールに繋がって… 2017/05/16

emi

32
星のたまこさま、です、王子様ではなく。ミステリー作家・森博嗣氏が描いた絵本その1。宇宙のとある星に住む玉子さんと愛犬ジュペリは、おじいさんの作った古いロケットで、様々な星へ旅行します。玉子さんの星を除く25個の星には、それぞれの個性があり、文章は常に読み手への問いかけになっています。小説の印象と全然重ならない絵柄にかなり驚きつつ、投げかける言葉にはやはり森イズム健在。この絵本の最後にある解説がポイントですね。色々な視点で物事を考えられる絵本です。2015/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513855
  • ご注意事項