厳かなる終焉

厳かなる終焉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163189505
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

安楽死。それは神の恩寵か、悪魔の所業か。一人の心弱き医師の魂の軌跡。現役の医師が禁断のテーマに挑む。桜井雅則、五十六歳、医師。何故彼は安楽死に手を染めたのか。斉田忠光、福原病院院長。患者には死に方を選ぶ権利があるという思想を持つ理論家。今川直行、三十七歳。医師は最後まで治療を諦めるべきでないという理想主義者。斉田院長に心酔する若き研修医・夏目正史は、今川と対立し、桜井は二人の間で懊悩する。佐倉道雄、六十四歳、昏睡状態。彼の死が事件の発端だった―。

出版社内容情報

安楽死──それは神の与える恩寵か、悪魔の所業か。一人の心弱き医師の魂の軌跡を描く衝撃のサントリーミステリー大賞受賞第一作