厳かなる終焉

  • ポイントキャンペーン

厳かなる終焉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163189505
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

安楽死──それは神の与える恩寵か、悪魔の所業か。一人の心弱き医師の魂の軌跡を描く衝撃のサントリーミステリー大賞受賞第一作

内容説明

安楽死。それは神の恩寵か、悪魔の所業か。一人の心弱き医師の魂の軌跡。現役の医師が禁断のテーマに挑む。桜井雅則、五十六歳、医師。何故彼は安楽死に手を染めたのか。斉田忠光、福原病院院長。患者には死に方を選ぶ権利があるという思想を持つ理論家。今川直行、三十七歳。医師は最後まで治療を諦めるべきでないという理想主義者。斉田院長に心酔する若き研修医・夏目正史は、今川と対立し、桜井は二人の間で懊悩する。佐倉道雄、六十四歳、昏睡状態。彼の死が事件の発端だった―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

十人十色

0
意外に面白く、ほぼ1日で読み終えた。 それぞれの思惑があるだろうが、結局はみんな頑固で、一途に誰かを思ってたんだな~、と読み終えて思った2015/12/13

Ranko Taguchi

0
802004/01/10

久岡 弘佳

0
2013.3.11読。 学生時代に、「安楽死」について、私なりに検証した記憶があり、結局、答えは出なかった。 命は重いし、家族の願いも重要。 本人の意思がわかれば、まだ良いのだが、わからなくなった時の備えを済ませている人は、殆ど居ないであろう。 私の祖父も、3ヶ月、こういう状態になり、あまり長く続くと家族全員がダウンする、そのぎりぎりの所で亡くなった。 医師といえども、意図的に関与を許されない訳だが、事情考慮の場合もあるだろう。 1ケース、1ケース、患者と家族、そして医療機関という当事者の方々の、大きな試2013/03/11

とんこ0211

0
面白かった。2012/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/54505

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。