氷雪の殺人

氷雪の殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 433p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163186207
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

最北端の利尻島で起きた殺人事件。事件の向うに蠢く謀略、防衛汚職を追う名探偵・浅見光彦の眼前に巨大な"国"の姿が立ち現れてくる

内容説明

最北の国境をのぞむ利尻島で起きた変死事件。浅見に託された、「エンジン不調、不時着する。貴重な機を失い、申し訳ない。」という死者の謎のメッセージと一枚のCD。謀略の背後に、人々の悲痛な叫びが聞こえてくる。最果ての地で、何があったのか。浅見光彦と兄の「覚悟」とは?感動の力作長編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Taka

53
浅見光彦シリーズ。軍需産業の利権絡みで起こった殺人事件を浅見探偵が解決する。今回は防衛というテーマから多少思想的なものにも踏み込んでいてなかなか重厚な内容だったな。2018/06/18

金運無しの助

3
浅見兄弟大活躍なお話しです、若干嘘です。光彦が調べ始めた自殺と断定された小さな事件から国を揺るがす大事件へ、発端の事件も真犯人に辿り着くまで怪しいヒトが沢山だわ、兄弟仲もたまに険悪だわで、ヒヤヒヤしながら読みました。浅見兄弟好きにお勧めかな。 2011/01/13

かずぴー

2
内容(「BOOK」データベースより) 最北の国境をのぞむ利尻島で起きた変死事件。浅見に託された、「エンジン不調、不時着する。貴重な機を失い、申し訳ない。」という死者の謎のメッセージと一枚のCD。謀略の背後に、人々の悲痛な叫びが聞こえてくる。最果ての地で、何があったのか。浅見光彦と兄の「覚悟」とは?感動の力作長編。 なんかオチの傾向が見えてきたかもしれない。国家権力的な裁けない人を裁く方法。2015/09/01

ミニオン

2
舞台は利尻島。旅情ミステリー色は少なく、防衛庁とその関連会社の内部告発・汚職にまつわる話。警察庁と防衛庁の攻防というか駆け引きが多くてイライラ~・・・。2015/07/30

うま

2
浅見兄が出てくるのがいいですよ。2011/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/505537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。