カウント・プラン

カウント・プラン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163165806
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

数を数えずにはいられない"計算症"に苦しむ男。孤独で冷たい視線を社会に向ける彼の身近で、事件は起こった。推理作家協会賞受賞

内容説明

日本推理作家協会賞受賞。舞台は大阪。“計算症”に苦しむ男の身辺で、事件は起こった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミーコ

41
「破門」に続き 黒川さん作品、2冊めです。1編めは慣れないから?か今一つ、入り込めませんでしたが 読み進めるうちに 面白くなって行きました。短編集ですが読み応え有りました。他の作品も読んでみたく思います。2014/10/13

もりくに

24
黒川さんが、推理小説を書いていた時代の作品。日本推理作家協会賞受賞作「カウント・プラン」をを含む短編集。受賞作の主人公は、強迫神経症の一種の「計算症」。初耳の病気。なんでも、数えてしまうのも、大変だろうな。他の作品も、ちょっと変わった人が出てくる。臭いに敏感な葬儀屋、虹に執着する男、女性の出すゴミに異常な興味を示す男など。それ等が、事件解決のヒントとなる。会話も書かれているが、最近の作品のようなドライブ感はない。いわゆる推理小説には、あのスピード感のある会話は、合わないのだろうか?2017/10/16

カープ坊や

10
これまた図書館の書庫で埃を被っていたボロボロの本。作者の直木賞受賞で受賞作家コーナーにあるのを借りてきました。 20数年前の作風か? 事件の取っ掛かりは面白いのだが あまりにもあっさりと解決していくラストは少し残念な短編集。 2014/07/23

ペトロトキシン

10
計算症、色彩フェチ、そしてゴミ収集変態男と何だか面白そうな設定ですが、事件そのものはちょっと、いやかなりあっさりと解決していきます。昨今大ドンデン返しを後半に準備してる作品が多い中で、これだけ淡泊だと物足りなくなってしまいます。短編集だから仕方ないけど、もう少し切れ味が欲しいと個人的には思いました。2012/03/24

可憐咲き

7
★★★★ 5点満点 狂気沙汰が良く書けている作品。私的には、オーバー・ザ・レインボーが一番切れてる。本当にヤバイ感じの人は、こんな感じである為、誰か題材になるような人を、見て書いたのではないかと思うような書き方である。2016/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/391482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。