文春時代コミックス<br> 鬼平犯科帳 〈120〉

個数:

文春時代コミックス
鬼平犯科帳 〈120〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月18日 14時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784160092204
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

池波正太郎生誕100年記念、第三弾!

老密偵の彦十は盗人宿を見張っている最中、居眠りをしてしまう。失態を恥じる彦十に平蔵は「湯治に行ってきちゃどうだ」と勧める……という「寄せる年波」の他、「表と裏」「篤助は消えた」「隠場」の4篇を収録。池波正太郎生誕100年記念企画として、さいとう・プロダクションで人物作画を担当する宇良尚子のインタビューを特別掲載。

【目次】
仕置ノ三百五十二 表と裏
悪どい商売の豪商ばかりを狙う盗賊が出没し、世間は“世直し大明神”と賞賛する。幕府は警戒を強め、火盗改方同心たちも全力で捜査するが、尻尾をつかむことができなかった……。

仕置ノ三百五十三 寄せる年波
密偵の彦十は盗人宿を見張っている最中、寄る年波には勝てず、居眠りをしてしまう。失態を恥じる彦十に平蔵は「湯治にでも行って、のんびりしたらどうだ」と勧めるのだが……。

仕置ノ三百五十四 篤助は消えた
材木問屋“神馬屋”が盗賊に襲われた。賊は裏木戸から侵入したと見られ、使用人の篤助の姿が消えていた。状況から考えて、篤助が引き込み役に違いないと平蔵は考えたのだが……。

仕置ノ三百五十五 隠場
火盗改方同心の細川峯太郎は見回り中、嫌がる少年を連行しようとする不審な一団と出会う。細川が咎めると、男たちは蜘蛛の子を散らすように逃げ、少年も消えてしまう……。

メイキング・オブ・鬼平3
久栄、おまさ、ファネットなど女性キャラの作画を担当する宇良尚子のインタビュー。さいとう劇画における女性キャラの極意は、「まゆ毛描いたら、美人になんねん」