新☆ハヤカワ・SF・シリーズ<br> オマル―導きの惑星

個数:
電子版価格 ¥2,041
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
オマル―導きの惑星

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 新書判/ページ数 486p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784153350144
  • NDC分類 953

内容説明

総面積は地球の5000倍にもおよぶ巨大惑星オマル。そこではヒト族、シレ族、ホドキン族の3種族が暮らしていた。何世紀にもおよぶ壮絶な抗争の末、65年前に結ばれたロプラッド和平条約により、いまはかろうじて平和が保たれていた。そんな3種族共同統治区プラットフォームジャンクションの大港に停泊中の巨大飛行帆船イャルテル号をめざし、今、種族も年齢も出自もまったく異なる6名の男女が向かっていた。彼らが手にするのは謎めいた卵の殻と22年も前に購入された乗船券。彼らの目的は?そしてイャルテル号の行く手には?フランス有数のSF賞、ロニー兄賞受賞に輝く壮大なSF叙事詩!

著者紹介

ジュヌフォール,ロラン[ジュヌフォール,ロラン] [Genefort,Laurent]
1968年、北フランスのモントルイユの生まれ。少年時代から熱狂的なSFファンで、1988年、長篇第1作Le Bagne des t´en`ebres(『闇の流刑地』)でデビュー。その後も次々に作品を発表。ファンタジイ作品を含め50作近い長篇作品を発表している。ロニー兄賞を受賞した『オマル―導きの惑星』は、ライフワークともいえるシリーズの第1作である

平岡敦[ヒラオカアツシ]
1955年生、早稲田大学文学部卒、中央大学大学院修了。フランス文学翻訳家、中央大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

辺境の巨大惑星〈オマル〉には、複数の亜人種族が共存していた。巡航飛行船につどいし異なる種族の六人は、それぞれに自らの物語を語った……。『ハイペリオン』を彷彿とさせるフランスSF巨篇

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件