mRNAワクチンの衝撃―コロナ制圧と医療の未来

個数:
電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり

mRNAワクチンの衝撃―コロナ制圧と医療の未来

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年07月03日 02時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 432p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152100757
  • NDC分類 493.87
  • Cコード C0036

出版社内容情報

ファイザー社と組み、11カ月という常識外のスピードで世界初の新型コロナワクチンの開発に成功したドイツ・ビオンテック社。画期的なmRNA技術で一躍注目を集めるバイオ企業の創業者/研究者夫妻に密着、熾烈なワクチン開発競争の内幕に迫るドキュメント。

内容説明

WHOのパンデミック宣言に先立つこと六週間、まだ中国以外の地域で死者が報告されていない二〇二〇年一月二七日。のちに医薬品製造の歴史におけるあらゆる記録を塗り替えることになる、ドイツの小さなバイオベンチャー企業による大逆転のプロジェクトが始まった―。ファイザー社と組み、一一カ月という常識外のスピードで世界初の新型コロナワクチンの開発に成功したビオンテック社。「医療界のゲームチェンジャー」として一躍脚光を浴びているmRNA医薬の技術で世界の最先端を走るバイオ企業の創業者/研究者夫妻に密着取材した迫真のドキュメント。

目次

プロローグ:コベントリーの奇跡
アウトブレイク
プロジェクト・ライトスピード
未知数
mRNAバイオハッカー
試験
同盟締結
初めての臨床試験
自分たちで
効果あり!
新たな常態(ニューノーマル)
エピローグ

著者等紹介

ミラー,ジョー[ミラー,ジョー] [Miller,Joe]
“フィナンシャル・タイムズ”紙フランクフルト特派員。ドイツ・マインツに本社のあるビオンテック社で世界初の新型コロナワクチンが開発されるまでの過程を同時進行でつぶさに取材。同社のトップであるウール・シャヒン、エズレム・テュレジ夫妻に密着取材することのできた数少ないジャーナリストである。『mRNAワクチンの衝撃―コロナ制圧と医療の未来』が初めての著書となる

テュレジ,エズレム[テュレジ,エズレム] [T¨ureci,¨Ozlem]
ビオンテック社の共同創業者。最高医療責任者であり、世界初の新型コロナワクチン開発者。大学で医学を学び、分子生物学と免疫療法で博士号を取得。腫瘍免疫学の分野で数々の業績をあげ、科学論文および特許取得の実績は数百件に上る。mRNA研究への貢献が認められ、2022年にパウル・エールリヒ&ルートヴィヒ・ダルムシュテッター賞を夫婦で受賞する

シャヒン,ウール[シャヒン,ウール] [Sahin,Ugur]
ビオンテック社の共同創業者。最高経営責任者。大学で医学を学び、分子生物学と免疫療法で博士号を取得。腫瘍免疫学の分野で数々の業績をあげ、科学論文および特許取得の実績は数百件に上る。mRNA研究への貢献が認められ、2022年にパウル・エールリヒ&ルートヴィヒ・ダルムシュテッター賞を夫婦で受賞する

石井健[イシイケン]
東京大学医科学研究所感染・免疫部門ワクチン科学分野教授。1993年横浜市立大学医学部卒業。3年半の臨床経験を経て、米国FDAで7年間、ワクチンの基礎研究や臨床試験審査に従事。2003年に帰国後、大阪大学微生物病研究所准教授、日本医療研究開発機構(AMED)戦略推進部長、医薬基盤健康栄養研究所ワクチンアジュバント研究センター長などを経て2019年より現職。専門はワクチン科学、免疫学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

101
これは凄いドキュメントだ。最後は感動で目頭が熱くなる。ウールとエズレムの夫妻が、わずか11か月で新型コロナのワクチンを世に出した物語。誰も気づいていない時点でパンデミックを予測し、立ち上げたのが「プロジェクト・ライトスピード(光速)」。まさに、規格外の光速のスピードで開発が進む様子を、手に汗握る思いで読む。技術的、経営的、政治的な様々な困難と克服が、丁寧に説明されている良質のノンフィクション作品である。「成功の秘訣は、ウールとエズレムの人柄だ」と著者は言う。世界を救った二人の物語に、胸の震えが止まらない。2022/06/05

kawa

34
私もお世話になったファイザー製コロナワクチン。その開発の知らざるドラマに感無量。きっかけは、トルコ人医学研究者ウールとエズレム夫婦の経営するドイツの小さなバイオテクノロジー企業・ビオンテック(バイオンテック)社。同社は本来mRNA分子を利用したがん治療薬開発会社。2020年1月、武漢で発生明らかになった感染症にいち早く人類の危機を感じ取って、わずか1年弱でワクチンの開発投与にこぎ着け、ファイザーと提携に至る手に汗ドキュメント。理系が不得意で、ちょっと朦朧とする場面もなくはないのだが、それを凌駕する面白さ。2022/06/21

ぽてち

30
新型コロナによるパンデミック下で、驚異的なスピードで開発され、その有効性においてもこれまでのワクチンとは一線を画すmRNAワクチン。本書はファイザーと組んでこのワクチンを開発したビオンテックの創業者夫婦を描いたノンフィクションだ。もともとはがん治療のためにmRNAを研究していたとか、感染拡大の危機感を抱いた時期、資金難で行き詰まる寸前だったとか、小説よりも面白かった。そして金儲けのためではなく、苦しんでいる人を救いたいという開発動機が素晴らしい。立ち上げに当たり資金提供した投資家も素晴らしい。2022/01/30

17
目を引く青い表紙に「mRNA」という見慣れない単語。 これは、ビオンテック社(ファイザー製)のワクチン開発物語である。もともと同社は、がん免疫療法を開発している会社だった。二〇二〇年二月、その無名のドイツ企業は新型コロナワクチン開発に乗り出し、一年も経たないうちに、新しいワクチンを開発した。とんでもなくスピーディーだった理由は、先見の明があり、機転がきく、創業者で最高経営責任者のウールの判断が優れていたからだ。ちいさな成功の積み重ねが、人類の命を救うことにつながるのだと思った。2022/02/20

Hiroo Shimoda

9
ファイザー製と呼ばれるワクチンを開発したスタートアップ、ビオンテック。類を見ない速さでの上市がどうやって実現出来たかが描かれる。むちゃくちゃ面白い。オススメ。2022/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18899795

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。