天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当

個数:
  • ポイントキャンペーン

天才を考察する―「生まれか育ちか」論の嘘と本当

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 412p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152093226
  • NDC分類 141.18

内容説明

アインシュタインら歴代の天才を対象に行なわれた「天才研究」から最新の遺伝子・ゲノム理論、発達心理学の成果までを簡潔かつわかりやすく紹介しながら、古い論争がいかにナンセンスであったかを説く、出色のポピュラー・サイエンス。

目次

第1部 生来の才能という神話(遺伝子2・0―遺伝子の本当の働き;知能はものではなく、プロセスである;「生来の才能」の終焉(そして、才能の本当の源)
双生児の似ているところ、似ていないところ
早咲き・遅咲き
白人はジャンプできないか?)
第2部 天才を育成する(天才になるには(あるいは、たんに偉大な人間になるには)
そのやり方が子供をだめにする(または発奮を促す)
優秀さを求める文化
遺伝子2・1―遺伝子も“改良”できる!?
テッド・ウィリアムズ・フィールド)

著者紹介

シェンク,デイヴィッド[シェンク,デイヴィッド][Shenk,David]
アメリカの作家

中島由華[ナカジマユカ]
翻訳家。東京生まれ。早稲田大学第1文学部で英文学を修める。出版社勤務を経て翻訳業に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

天才を生むのは遺伝か環境か。アインシュタインら天才の調査事例によれば、遺伝子は意外に制御可能であり、環境は意外に制御可能でない! 最新の見解を縦横に援用して神話の嘘を暴く科学読み物