• ポイントキャンペーン

ハヤカワSFシリーズ
天狼新星―SIRIUS:Hypernova

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152092991
  • NDC分類 913.6

内容説明

2015年、高速大容量の通信技術、光ソリトン通信を実用化したSOCOM社は、ネット上の不審なノイズ“ソリタリー・パケット”の排除のため、大河内未紀をリーダーとするエンジニア集団による対策チームを設立した。2058年、量子コンピュータ“フェイント・ボイス”の破壊作戦中に特殊電脳兵の林一等通信兵らは、未知の空間へ迷い込む。エンジニアと特殊電脳兵の時空を超えた邂逅が露わにした、壮大な極秘計画―その中心で、悲劇の少女は、この星の未来を予言する。現役の微生物学者にして劇団の作・演出家が、伝説の本格SF演劇を自ら改訂小説化。

著者紹介

花田智[ハナダサトシ]
1964年生まれ。理学博士。つくば市の研究機関に勤務する。専門は環境微生物学・細菌系統分類学。研究の傍ら、1989年に結成した劇団「演劇レーベルB¨o‐tanz」で、脚本家・演出家として活躍。サイバーパンクSF、猟奇的クライムストーリー作品等で熱狂的な支持を得る。池袋演劇祭賞では、2008年「AWAY TARGET」(作・演出/高橋彰規と共同脚本)で大賞を、2009年「天狼新星‐RESTORED‐」(作・演出)でアゼリア会賞、2010年「Gluttony‐暴食‐」(作・演出)でキリンビール賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)