• ポイントキャンペーン

リスボンへの夜行列車

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 486p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152092816
  • NDC分類 943

内容説明

古典文献学の教師ライムント・グレゴリウス。五十七歳。ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語に精通し、十人以上の生徒と同時にチェスを指せる男。同僚や生徒から畏敬される存在。人生に不満はない―彼はそう思っていた、あの日までは。学校へと向かういつもの道すがら、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする謎めいた女に出会った。ポルトガル人の女。彼女との奇妙な邂逅、そしてアマデウ・デ・プラドなる作家の心揺さぶる著作の発見をきっかけに、グレゴリウスはそれまでの人生をすべて捨てさるのだった。彼は何かに取り憑かれたように、リスボンへの夜行列車に飛び乗る―。本物の人生を生きようとする男の魂の旅路を描き、世界的ベストセラーを記録した哲学小説。

著者紹介

メルシエ,パスカル[メルシエ,パスカル][Mercier,Pascal]
スイスの作家、哲学者。1944年6月23日、ベルン生まれ。本名ペーター・ビエリ。本業はベルリン自由大学の教授で、専門の哲学研究を生かして小説を執筆してきた。2007年には、定年により教授職を引退し、著述業に専念している

浅井晶子[アサイショウコ]
ドイツ文学翻訳家、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程認定退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)