• ポイントキャンペーン

破壊する創造者―ウイルスがヒトを進化させた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判
  • 商品コード 9784152091901
  • NDC分類 491.77

内容説明

鳥インフルエンザやエイズはやがて無害になる?ヒトゲノムはウイルスがつくった?ウイルス学のがん治療への応用とは?ミクロの微粒子が現代ダーウィニズムを書き換える。生命観を一変させる衝撃の書。

目次

ウイルスは敵か味方か
ダーウィンと進化の総合説
遺伝子のクモの巣
AIDSは敵か味方か
ヒトゲノムのパラドックス
ウイルスが私たちを人間にした
医学への応用
自己免疫疾患

新しい進化論〔ほか〕

著者紹介

ライアン,フランク[ライアン,フランク][Ryan,Frank]
英国の進化生物学者、医師。シェフィールド大学で医学を修める。同大動植物学科名誉研究員。英国王立医師会、同医学協会、ロンドン・リンネ協会の会員。著書に、NYタイムズのノンフィクション・ブック・オブ・ザ・イヤーに選ばれたTuberculosis(The Forgotten Plague)(1992)など

夏目大[ナツメダイ]
翻訳家、ライター。翻訳学校フェロー・アカデミー講師。フォード&ウェッブ『Mind Hacks』、メズリック『facebook』など多数。著書に『3時間でわかるNGN(次世代ネットワーク)のすべて』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

鳥インフルエンザ、口蹄疫、天然痘、エイズなど、私たちの生活を脅かす恐ろしい感染症を引き起こす病原体・ウイルス。やっかいな寄生者のはずのこの微粒子が、ヒトをはじめとする宿主生物の進化にきわめて重要な役割を果たしていることが、近年の研究から明らかになりつつある。
 進化生物学者にして医師でもある著者が、ヒトをはじめとする動物、植物、昆虫、細菌にいたる多種多様な生物とウイルスとのダイナミックな相互作用を世界各地で調査。がんや精神疾患の遺伝子治療など、医療分野で進む応用研究にも詳しく言及する。多くのノーベル賞受賞者、大野乾や小野雅夫ら日本人研究者も多数登場。ウイルス研究の最前線から見えてきた、ダーウィンも知りえなかったまったく新しい進化のすがたとは? あなたの生命観を一変させる、未知の探究の旅へようこそ。


■目次
用語解説
はじめに──変化の風
第一章 ウイルスは敵か味方か
第二章 ダーウィンと進化の総合説
第三章 遺伝子のクモの巣
第四章 AIDSは敵か味方か
第五章 ヒトゲノムのパラドックス
第六章 ウイルスが私たちを人間にした
第七章 医学への応用
第八章 自己免疫疾患
第九章 癌
第十章 新しい進化論
第十一章 セックスと進化の木
第十二章 人間は多倍体か
第十三章 遺伝子を操る魔神
第十四章 新しい手がかり
第十五章 旅の終わりに
訳者あとがき
参考文献

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件