イマココ―渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学

個数:
  • ポイントキャンペーン

イマココ―渡り鳥からグーグル・アースまで、空間認知の科学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 10時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152091260
  • NDC分類 141.2

内容説明

地上でもっとも方向音痴な生物であるヒトは、どうやって自分の現在位置を知ったり、目的地までの道のりを決めたりしているのだろう?ヒト独自の空間認知システムは、GPSなどのナビゲーション技術や、都市・建物・インターネット空間の設計にどう反映されているのだろう?そして、こうした人工空間のはざまで生きることは、私たち現代人の振るまいや想像力に、どんな影響を与えているのだろうか―。斯界の第一人者がナビゲートする、空間認知科学の最前線。

目次

イントロダクション―なぜヒトは迷子になるのか?なぜアリは迷子にならないのか?
1 アリがショッピングモールで迷子にならないわけ―ヒトと動物はどのように空間をナビゲートするか(ターゲットを見つける―すべての動物に共通する、道を見つけるための初歩的な方法;ランドマークを探す―見えるものを使って見えないものを探す;ルートを探す―前に自分がどこにいたかを思い出しながら、いまどこにいるかを確かめる;世界に埋め込まれた地図―ベテランのナビゲーターは道を見つけるための特別な感覚をどう使っているのか ほか)
2 空間をつくるヒト、ヒトをつくる空間―ヒトの空間認知システムは、住まい、オフィス、都市、そしてバーチャル世界とどう関わるか(家の中の空間―私たちのメンタルマップは、家の中における行動にどう影響するか;働く空間/働きかける空間―ヒトが頭にえがく地形は、私たちの振るまいにどう作用するか;都市空間―自分の現在地を知っていること(あるいは知らないこと)は、都市における生活にどう影響するか
第10章 サイバースペース―なぜヒトは電子世界に住めるようになったのか ほか)

著者紹介

エラード,コリン[エラード,コリン][Ellard,Colin]
1958年ロンドン生まれ。ウェスタン・オンタリオ大学で博士号(心理学)を取得し、現在カナダ・ウォータールー大学実体験型バーチャル環境研究所(RELIVE)所長。専門は認知科学・実験心理学。バーチャルリアリティ・プログラムを用いたナビゲーション研究の第一人者として著名で、認知科学の見地から建築空間や都市の設計に助言を行なっている

渡会圭子[ワタライケイコ]
翻訳家。上智大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ヒト独自の空間認知システムは、GPSなどのナビ技術や、都市/建物/ウェブ空間設計にどう反映されているのか。またこうした人工空間は、ヒトの行動や思考にどう影響するのか。斯界の第一人者が、ウェブ時代の空間認知研究を完全ナビゲート!

「ヒトの空間認知の仕組み」が分かると、こんなことができます・分かります!
●あらゆる動物の中で、ヒトだけが迷子になるわけ。
●あなたの家をより居心地よく見せる(そして高値で転売する)演出テクニック。
●客の財布のヒモをとことん緩める、ショッピング・モールやカジノの空間設計。
●社員同士のコミュニケ―ションを活発にし、生産性をあげる、オフィス空間のレイアウト。
●ル・コルビュジエの近代都市計画が失敗した理由。
●各種GPSサービスやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にヒトが夢中になるわけ。
●パソコンやiPhoneよりストレス・フリーな、環境に情報を埋め込む「カーム・テクノロジー」の可能性。
●室内にいるヒトの行動や心理を読みとって環境を変化させる、「レスポンシブ・アーキテクチャ」の可能性。
etc...