伊藤計劃記録

個数:
  • ポイントキャンペーン

伊藤計劃記録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 391p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152091161
  • NDC分類 918.68

内容説明

2007年6月に長篇『虐殺器官』でデビュー、日本SF大賞受賞作『ハーモニー』を遺して2009年3月に死去した作家・伊藤計劃。2年に満たない作家生活の中で、彼はエンターテインメント小説の在り方を変えた。SFマガジン発表の中篇2作「The Indifference Engine」「From the Nothing,With Love.」ほかの創作から、敬愛する小島秀夫監督、『ディファレンス・エンジン』についてのエッセイ・解説、盟友・円城塔との対談やインタビュー、そして未完長篇『屍者の帝国』までを集成。また、作家デビュー以前の1998~2004年に個人サイトで発表し続けた膨大な映画評「Runnnig Pictures/Cinematrix」から31本を精選収録する。

目次

小説(The Indifference Engine;セカイ、蛮族、ぼく。;From the Nothing,With Love.;屍者の帝国)
散文(Writings―for Hideo Kojima エクストラポレーション礼賛;MGSシリーズへと受け継がれるポリスノーツ;小島秀夫―我ら神亡き時代の神の語り手として;Writing―for SF&Others;伊藤計劃氏の心の一冊『ディファレンス・エンジン』;解説『ディファレンス・エンジン』伊藤計劃&円城塔;侵略する死者たち;人という物語;SFの或るひとつの在り方―最高に精度の高いセンサで、現在を捉えること。)
インタビュー(「Anima Solaris」著者インタビュー;伊藤計劃×円城塔「装飾と構造で乗り切る終末」;伊藤計劃インタビュー)
映画評

著者紹介

伊藤計劃[イトウケイカク]
1974年10月東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、『ハーモニー』を刊行。同書は第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を受賞した。2009年3月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

昨年3月に34歳の若さで亡くなった著者の短篇及びエッセイ、イ ンタビュー、映画評等を集大成。遺作長篇が昨年の星雲賞・日本S F大賞を受賞する等、今なお注目される思考の軌跡を辿る決定版。

2007年6月に長篇『虐殺器官』でデビュー、日本SF大賞受賞作『ハーモニー』を遺して2009年3月に死去した作家・伊藤計劃。2年に満たない作家生活の中で、彼はエンターテインメント小説の在り方を変えた。SFマガジン発表の中篇2作「The Indifference Engine」「From the Nothing, With Love.」ほかの創作から、敬愛する小島秀夫監督、『ディファレンス・エンジン』についてのエッセイ・解説、盟友・円城塔との対談やインタビュー、そして未完長篇『屍者の帝国』までを集成。また、作家デビュー以前の1998~2004年に個人サイトで発表し続けた膨大な映画評「Running Pictures / Cinematrix」から31本を精選収録する。