ハヤカワ・ミステリワールド<br> 彼に言えなかった哀しみ

個数:

ハヤカワ・ミステリワールド
彼に言えなかった哀しみ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 360p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088581
  • NDC分類 913.6

内容説明

荒川の河川敷で女性のものとみられる焼け焦げた人骨が発見された。同じ日に新宿で見つかった変死体は、その着衣や所持品に不審な点が多く、身元の割り出しが難航。だが、二つの事件は意外な一点で結びつき、岩海警部補ら警視庁捜査一課は所轄各署との共同捜査に乗り出した。やがて捜査線上に、地下社会に蠢く男たちの悪に運命を翻弄された女の姿が浮かび上がる。直木賞作家が放つ、愛と哀しみのミステリ。

著者紹介

笹倉明[ササクラアキラ]
1948年兵庫県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒。1980年、日本人青年の異国放浪の物語『海を越えた者たち』で第4回すばる文学賞に入選しデビュー。1988年、レイプ裁判を描いた法廷ミステリ『漂流裁判』で第6回サントリーミステリー大賞を受賞。翌1989年には、日本への出稼ぎ女性による殺人事件を題材にした『遠い国からの殺人者』で第101回直木賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)