ハヤカワepiブック・プラネット
哀れなるものたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 442p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152088574
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

小説家アラスター・グレイは、グロテスクな装飾が施された一冊の書を入手する。『スコットランドの一公衆衛生官の若き日を彩るいくつかの挿話』と題されたその本は、19世紀後半の医師による自伝だった。それは、実に驚くべき物語を伝えていた。著者の親友である醜い天才医師が、身投げした美女の「肉体」を救うべく、現代の医学でさえ及びもつかない神業的手術を成功させたというのだ。しかも、蘇生した美女は世界をめぐる冒険と大胆な性愛の遍歴を経て、著者の妻に収まったという。厖大な資料を検証した後、グレイは小説家としての直感からこの書に記されたことすべてが真実であると確信する。そして自らが編者となってこの「傑作」を翻刻し、事の真相を世に問う決意をした―。虚か実か?ポストモダン的技法を駆使したゴシック奇譚。ウィットブレッド賞、ガーディアン賞受賞。

著者等紹介

グレイ,アラスター[グレイ,アラスター][Gray,Alasdair]
1934年、グラスゴー生まれ。スコットランドを代表する小説家。画家、劇作家、脚本家としても活躍している。美術学校在学中に執筆をはじめ、三十年近い年月をかけて完成させた長大な処女長篇『ラナーク 四巻からなる伝記』(1981)がアントニイ・バージェス、ブライアン・オールディスらから絶賛され、一躍母国のみならず英文学における主要作家となった。1992年発表の『哀れなるものたち』は長篇第六作にあたり、ウィットブレッド賞、ガーディアン賞をダブル受賞

高橋和久[タカハシカズヒサ]
東京大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

11
えー? そんなオチー?! 幻想小説かファンタジーか、と思っていたらミステリー的結末を迎えてました。興醒めー(勝手な言い草) まぁ実際ありえない話ではありますが(免疫が…とか) 突然出てくる書きなぐりの手書き文字とか、似顔絵(?)とか凝った作りの本です。図版多数。どっぷりファンタジーだと思い込んで読んでて、読書中も結構楽しかったので、ラストのベラさんの手記が蛇足に見えちゃって仕方ないのだ。勝手に思い込んだ自分が悪いとはいえ、最終的にビミョーな読後感になっちゃってしょんぼり。レーベルで気付こうぜ自分。2008/04/21

saeta

9
ラナークに引き続き読んでみました。女フランケンシュタイン等の触れ込みもあり、ゴシック小説的な方向かなと思ったがラナーク以上にぶっ飛んでいた気がする。全体の2/3ほど天才外科医の施した女フランケンシュタインの話、次にその女フランケンシュタインにされた女性が子孫に対してこれは全くデタラメだと話す手記。残りが詳細な脚注。イラストも本人の手による物だとか。出版社も書家に依頼したページも挟み込んだり、なかなかユニークな製本作りで本を手にする楽しさを実感させてくれた。2019/10/21

すけきよ

5
メタとか、技法とかは置いといて、普通に面白い。とは言え、やはり仕掛けは込められていて、物語自体はフランケンシュタインのパロディ的なんだけど、エピローグに当てれた、蘇生したと書かれている女性の手紙と、巻末の註釈がなんとも虚実を悩ます。小説自体は註釈で完結していて、これが人を食っている。それは客観的な真実なのか、単なる騙りなのか。2008/02/21

gu

4
ゴシックロマンスのパロディにフェミニズムや文明批評を織り込んで、何重もの入れ子の内に真相は藪の中。ブラックユーモアのキツさも含めていかにもポストモダン小説という趣だけど、搾取の歴史の悲惨が底に流れている。どの階層にいる語り手=読み手も愚かで「哀れ」な姿を隠せない。語り手は言葉で裏切ろうとするし、言葉は語り手を裏切る。セックスと政治はフランケンシュタインの怪物が語らなかったものだなと思った。2019/08/05

あや

4
真実は一体……? 読み落としが多いかもしれないけど、純粋に物語として面白かった。2009/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564290

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。