• ポイントキャンペーン

ホメイニ師の賓客〈下〉―イラン米大使館占拠事件と果てなき相克

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 446p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152088253
  • NDC分類 319.263

内容説明

人質解放に関するイラン側との約束が幾度も一方的に破棄され、カーター政権は屈辱を味わわされる。残された道は、新設の特殊部隊「デルタ・フォース」による人質奪還作戦しかない。だが信頼できる同盟国も近くになく、当時のテヘランは陸の孤島とも呼べるほど遠い目標だった。イランやソ連に探知されずに8機の実戦ヘリと6機の大型輸送機を侵入させ、人口500万を超える過密都市の中心で電光石火の如く救出と脱出を遂行しなくてはならないのだ。なんとかイラン国内の砂漠に設えられた即席の離着陸場に部隊が揃ったのも束の間、砂を浴びたヘリの不調によって作戦は中止を余儀なくされる。しかし、米軍史上最悪の惨事は退却命令の直後に起こったのだった。犠牲者8名を出した救出作戦の失敗がアメリカに衝撃と絶望をもたらし、カーター再選の道を閉ざした一方、イランでは狂信者の舌鋒が鋭さを増し、人質の処刑を望む声が高まっていく…全世界に禍根を残したテヘラン米大使館占拠事件の壮絶な最終局面。

目次

3 待機(承前)
4 一三二名の兵士
5 蛮人との交渉

著者紹介

ボウデン,マーク[ボウデン,マーク][Bowden,Mark]
米国随一のノンフィクション作家。「フィラデルフィア・インクワイアラー」で20年の記者経験があり、ソマリアにおける米軍の死闘を描き映画化もされた『ブラックホーク・ダウン』や、米・特殊部隊によるコロンビアの麻薬王暗殺の一部始終を活写した『パブロを殺せ』など、膨大な取材によって特定の事件を臨場感豊かに再現した作品は世界中で賞賛を浴びている。フィラデルフィア近郊に在住

伏見威蕃[フシミイワン]
1951年生まれ、早稲田大学商学部卒。英米文学翻訳家。豊富な軍事知識を生かした緻密でレベルの高い翻訳で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)