• ポイントキャンペーン

本能はどこまで本能か―ヒトと動物の行動の起源

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152087775
  • NDC分類 481.78

内容説明

「本能」という言葉にごまかされずに、行動とその発達について深く追求していけば、遺伝子、細胞、行動、物理的・社会的・文化的環境が能動的に相互作用して、われわれの行動と認識を形づくっているのが見えてくる。気鋭の神経学者が「本能」論争を解説し、行動の起源を探ることの重要性に迫った科学ノンフィクション。

目次

第1章 羊番の心理
第2章 設計者という考え
第3章 気味の悪い話
第4章 境界線の問題
第5章 本能を発達させる
第6章 人間を縛るもの
第7章 生得論者はとまらない
第8章 群れから迷い出て

著者紹介

ブランバーグ,マーク・S.[ブランバーグ,マークS.][Blumberg,Mark S.]
アイオワ大学教授。ブランダイズ大学を卒業後、シカゴ大学で生物心理学の博士号を取得する。睡眠、動物の行動、温度調節、コミュニケーションなどについて、多数の論文や解説記事を執筆した神経学者

塩原通緒[シオバラミチオ]
翻訳家。立教大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)