ハヤカワ・ミステリ文庫
永遠の沈黙

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784151763014
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ショッピングセンター建設予定地で見つかった無数の白骨死体。殺人か?事故か?ブランドものに身を包んだ美人弁護士マニーと見た目は冴えないが超一流の検屍官ジェイクは、共に調査に乗りだした。最初はぎこちないコンビだったものの、お互いをよく知るうちに息も合いはじめる。だが、事件の鍵となる意外な事実を突きとめた時、何者かが彼らを襲った!サスペンス&ロマンスが絶妙に絡みあう全米ベストセラーの話題作。

著者等紹介

ベイデン,マイクル[ベイデン,マイクル][Baden,Michael]
アメリカを代表する超一流検屍官。ニューヨーク市警の主任検屍官やFBI、司法省、ロシア政府の顧問を歴任し、暗殺されたケネディ大統領やマーティン・ルーサー・キングの事後調査にも携わった経験を持つ。人気テレビシリーズの司会も務めている。妻のリンダと共に書いた『永遠の沈黙』でミステリ界に華々しくデビューした

ケニー,リンダ[ケニー,リンダ][Kenney,Linda]
マイクル・ベイデンの妻。人権派弁護士、テレビのコメンテーターとして活躍している

藤田佳澄[フジタカスミ]
上智大学文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みも

55
プロットは悪くない。謎の人物に狙われ募る恐怖心と、次々と解明してゆく意外な真実。行きつく先は予想外のところへ。サスペンス・ミステリー・ロマンスが程よくミックスされているが、感情の揺らぎや男と女の機微にはやや不可解な点もあり、ディテールには雑な点も散見される。ただ本作は夫婦共作で、夫が一流検死官で、妻が人権弁護士。職業が生かされる顕著な個所はなんといっても検死シーン。冷静沈着に淡々と死体にメスを入れる様相を、読者がどのように捉え得るかが胆。可もなく不可もなくといったところで、敢えてお薦めしたいものではない。2019/04/28

uni

6
さすが本物の検屍官が書いただけあって死体解剖のシーンは今まで観たり読んだりした中でも最高に気持ち悪かった(汗)でもそれを楽しむジェイクと、手伝うマニーの心の声がおかしくて吐きそうになりながらも笑ってしまった。このコンビのユーモアさが事件を重くしすぎず読みやすかった。2017/01/30

てりやき

2
サスペンス部分はスリルいっぱいで、続きが気になってすいすい読めた。最終的に話がけっこう大きくなるのはアメリカっぽい。翻訳の本はあまり読んだことがないのだけど、こんなもんなのかな?小説としては違和感のある表現が多かったような気がする。直訳すぎるというか。ドラマ化したら面白いんじゃないかな。2012/06/06

アーチャー

2
なぜかどこの古本屋でもよく目にする本作。ということは、売れてたってことか?2008/12/30

やなぎにかえる

1
仕事のできる大人(?)の女、検死官、サスペンス、時々ロマンスあり。私としては好きにならない訳が無い組み合わせ。面白かった。ただ、訳の仕方か、本文の癖か、文化の違いか、少し分かり難い文章が多かったかも・・・。2014/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/36023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。