ハヤカワ・ミステリ文庫<br> 秘められた感情

ハヤカワ・ミステリ文庫
秘められた感情

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 447p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784151701528
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

パスコー部長刑事は大学時代の仲間たちと五年ぶりに再会するため恋人エリーと二人でオックスフォードシャーの美しい村を訪れた。が、そこで目にしたのは惨殺された旧友たち三人の死体だった。四人目の友人で招待主のコリンは行方不明のため、殺人の嫌疑がかけられる。パスコーはダルジール警視の指揮下にある自分の署の連続空き巣事件を捜査する一方で、警官としての権限なしに村の殺人事件にも関わらずにはいられない。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bapaksejahtera

7
ダルジール警視シリーズだが今回は部下で本作から警部昇進のパスコーが主役。英国の警察組織は頭でっかちである。前半はパスコーが大学時代の旧友と再開の為出かけた村でその旧友の多くが殺害されるという事件。パスコーはこの事件の第一発見者となる。紳士的な地元警視の許で事件解明は遅々たるままパスコーは戻って行く。ダルジール指揮下での窃盗事案が居直り強盗に変貌する。2つの事件は解決に向かうが、パスコーは昇進とともに大学同級生と結婚に向かう。全体に登場人物が多く老耄にはついて行けない展開であった。単純明快なダルジールが良い2020/09/08

ワット

5
いきなりの殺人事件。で、この捜査はまったく進展しない。ただ他の窃盗事件の捜査が少しづつ進展することで読み手を引き付けておく手法はかなりうまい。そして大団円。最後まで弛むことなく楽しめた。訳者が「作品中に英文学の名句をちりばめるのが好きで・・・彼の本を読む時の楽しみのひとつだ」と書いているが私個人としては、ただじゃまなだけだった。でも作品はおもしろい。2021/01/18

Kitinotomodati

2
シリーズ3作目。導入部分がイギリスミステリらしくて好み。途中、人間関係と事件が錯綜し、ボンヤリ読んでたので、もう一度読み直す羽目になった。しっかり筋を追い直して、納得。面白かった。2019/05/18

kanamori

1
☆☆☆2014/09/25

青縁眼鏡

1
最初でジェフリー・ディーヴァー風煽りがあって、笑いました。犯人の行動がまったく理解できません。これこそ狂っている証拠でしょうか。2012/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/40202
  • ご注意事項