ハヤカワ文庫<br> ゼロ時間へ

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
ゼロ時間へ

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年08月19日 20時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784151300820
  • NDC分類 933.7
  • Cコード C0197

内容説明

残忍な殺人は平穏な海辺の館で起こった。殺されたのは金持ちの老婦人。金目的の犯行かと思われたが、それは恐るべき殺人計画の序章にすぎなかった―人の命を奪う魔の瞬間“ゼロ時間”に向けて、着々と進められてゆく綿密で用意周到な計画とは?ミステリの常識を覆したと評価の高い画期的な野心作を新訳で贈る。

著者等紹介

クリスティー,アガサ[クリスティー,アガサ][Christie,Agatha]
1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマツクス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている

三川基好[ミカワキヨシ]
1950年生、早稲田大学大学院修士課程修了、早稲田大学文学部教授、英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

488
財産も地位もある老嬢の邸で起こった殺人事件。いわば典型的で古典的なミステリーである。ただし、ポアロのような探偵は登場しない。しいて事件解決の中心人物をあげるとすればバトル警視か。彼の推理が冴えわたり…ということもまたない。警察小説かといえば、またそうでもない。解説(権田萬治)によれば「新しい試み」だというのだが、「ゼロ時間」という発想は確かにそうだ。しかも、その限りにおいては論理的である。ただし、小説は重大な視点が終盤まで隠されている上に、真犯人を起訴するには証拠があまりにも脆弱であり論理性を欠く。2022/01/07

W-G

447
未読の名作をまた一冊消化。文句なくクリスティ作品の上位。『アガサクリスティ完全攻略』にあったように、同時期発表の『ナイルに死す』『白昼の悪魔』で繰り返された三角関係モチーフの総決算。トリックらしいトリックはないにも関わらず、人物の見せ方が本当に上手い。たとえば、メアリーとトーマス。ハッキリした描写はそれまで一つもないのに、「トーマスが好きなのはメアリー」と言われたら、スンナリ納得出来てしまうように描写されている。反して、ラストでオードリーがチョロすぎる女になっているのは読者サービスとして許容しよう。2019/01/24

ちょろこ

166
ポアロじゃないクリスティも良い、一冊。金持ち老婦人殺害事件は金銭目的か?単純な事件に見せかけながらそこに至るまでの綿密、巧妙な計画、絡み合う人間模様、奥が深い人間心理を描き魅せるミステリ。ポアロはいない。けれど論理的に時に大胆に、決めたらとことん突き詰めていくバトル警視が良い。充分読者を魅了する面白さだ。殺人事件自体は物語の結末、つまりゼロ時間。これは実に言い得て妙。今、この瞬間にもゼロ時間へ向かって思いが集約しつつあるのか…。心に芽生えた些細な思いが人を変える怖さ、そこも味わえた満足な読書時間だった。2021/02/23

🐾Yoko Omoto🐾

142
クリスティは人間の愛憎に焦点を充てた作品が非常に多いのだが、今作もそういった負の感情を巧みにストーリーに織り込んだ素晴らしさ。フーダニットにおいてラストまで翻弄する手腕は見事で、一見事件とは関係のないエピソードも実は心理的側面における伏線になっていることに感嘆する。中盤まで事件は動かず派手さはないが、序盤で不穏な人間模様を微細に描写することで結末の恐ろしさにより説得力を持たせる技巧的な展開。「殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっておりすべてがある点に向かって集約していく。そう、ゼロ時間に…。」2014/07/20

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

127
ポアロもミス・マープルも登場しないミステリー。金持ちの老未亡人が暮らす海辺のお屋敷に集まった男女。彼らを巡る複雑な人間関係。「小説を読む時、読者は普通殺人事件が起こったところから出発します。ですが、それは間違いです!殺人事件はすべてがある点に集中したところから起こるものです。殺人事件は物語の結末なのです。」前半に張られた伏線が見事にラスト(ゼロ時間)に向かい収束する。かつていろんな仕掛けのミステリーを考案したクリスティ。これもまた一風変わった仕掛け。久々に読んでやられた!と思えるミステリーでした。★★★★2018/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547257

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。