ハヤカワ文庫<br> 暗い森

ハヤカワ文庫
暗い森

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784151000362
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ワシントン州の国立公園の大森林で人骨の一部が発見された。ギデオン・オリヴァー教授の鑑定から骨は6年前に殺された男のものと判明する。が、なんと殺人の凶器は一万年前に絶滅したはずの種族が使っていた槍だった。伝説の猿人が本当に森の奥深くを徘徊しているのか…?一片の骨から縦横無尽の推理を繰り出すスケルトン探偵が真骨頂を示す初期代表作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

背古巣

33
何の前知識なし、期待なしで読み始めました。プロローグの部分で『ファントム・ピークス』を思い出しました。でも結果は全く違いました。アメリカ開拓使の中の暗い部分を底辺においていますね。発見された骨から6年前に起きた2件の失踪事件と最近の事件の真相に迫っていく過程がハラハラドキドキで面白かったです。ただ、犯人への目星がついたギデオンが一人雨林へ入っていく部分で「自然をなめるな!」と強く思いました。安易に考えすぎなんで・・・。最後はどんでん返しとまではいかないですが、『そういうこと?!』という内容でした。2017/03/27

Ribes triste

12
ギデオン・オリバーシリーズ第2作。ワシントン州オリンピック国立公園で発見された6年前の失踪事件の遺骨。その脊骨には手製の槍頭がめり込んでいたのでした。犯人はビックフット?! 捜査の方はちょっとびっくりな展開でしたが、公園保護官で後の奥さんのジュリー、恩師のエイブ、FBI捜査官で親友のジョンと個性的で楽しい登場人物たちがいい。 2017/01/22

Tetchy

9
相変わらず登場人物たちが非常によい。特に本作はギデオンとジュリーの出逢いの作品だから、その後の展開を知っているだけに楽しめる。しかし今回の謎の真相は見えてしまった。まあ、このシリーズの本質はそこにはないので良しとしよう。2008/11/18

ヨッシー

7
「スケルトン探偵」シリーズ第2作、邦訳順第3作。個人的には『古い骨』『呪い!』の方が好きですが、それでも十分楽しめる一冊です。インディアン文化に関する考察が素晴らしいですね。イシとヤヒ族の話はもちろん事実であり、それをふまえた上でのあの結末は、ありきたりですが何だかいい感じ。前半ビッグ・フットの話を出していますが、これはいらなかったのかなぁと思いました。しっかし、この作品に限ってはミステリじゃない気もする(笑)エイヴやジュリーとギデオンのユーモアに満ちた会話を楽しめればいーじゃん、ということです。2010/04/25

あおさわ

4
私は原始人のフリした現代人の犯行を期待してたんです… そしたらマジで…ごほん。 個人的に悪い方向に予想を外されたので、 真相に近づいて行ってもワクワク感が薄く… ちょっと残念でした;; 謎っていうか隠れているのを見つけに行っただけという印象です。 ちょっとした意外性のある要素も入ってましたけど、 ホントにちょっとで、物足りない作品でした。 先にこちらを読んでいたらこのシリーズは続き読まなかったと思います; でも「古い骨」が面白かったので、次回作に期待!2016/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/389782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。