ハヤカワ文庫<br> ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学

個数:

ハヤカワ文庫
ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 19時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150503741
  • NDC分類 491.37
  • Cコード C0145

内容説明

「生物学におけるDNAの発見に匹敵する」と称されるミラーニューロンは、サルで発見された、他者の行動を見たときにも自分が行動しているかのような反応を示す脳神経細胞。この細胞はヒトにおいて、他者が感じることへの共感能力や自己意識形成といった、じつに重要な側面を制御しているという。ミラーニューロン研究の第一人者自らが、驚くべき脳撮像実験などの詳細を紹介しつつ、その意義を解説する。

目次

第1章 サルの「猿真似」
第2章 サイモン・セッズ
第3章 言葉をつかみとる
第4章 私を見て、私を感じて
第5章 自分に向きあう
第6章 壊れた鏡
第7章 スーパーミラーとワイヤーの効用
第8章 悪玉と卑劣漢―暴力と薬物中毒
第9章 好みのミラーリング
第10章 ニューロポリティクス
第11章 実存主義神経科学と社会

著者等紹介

イアコボーニ,マルコ[イアコボーニ,マルコ][Iacoboni,Marco]
イタリア生まれの神経学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デイヴィッド・ゲフィン医科大学院の精神医学・行動科学教授。同大のアーマンソン=ラブレース脳機能マッピングセンターを拠点とし、独創的な脳撮像実験を駆使してミラーニューロン研究をリードする、この分野の世界的権威

塩原通緒[シオバラミチオ]
翻訳家。立教大学文学部英米文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ノコギリマン

31
読了。他者の行動を模倣し、シミュレーションすることでその意図を汲み取ることができるミラーニューロンについての本。模倣暴力や選択盲などといった例を挙げて、ぼくたちがなんとなくあるんだろうなー、と思っている「自我」というものの存在がかなり曖昧だと指摘。他者の存在が自己を規定する要なのだとも著者は言う。畢竟、「自我」というものは社会構成員としての自分の立ち位置やその周りの環境によって左右される程度のものだということか。本書でも触れられているとおり、哲学の実存主義を神経科学の方面からのアプローチで捕捉強化している2016/04/15

やいっち

17
ヒトが他人の心や行動の意図を理解できる。それはホントはすごいこと。だが、哲学的にはずっと謎であり続けてきた。共感の心理ばっかりは、コギト・エルゴ・スムのデカルト理論からは、永遠に理解不能だろう。生後間もないころから、赤ん坊は親の真似をする。親の表情を読む。むしろ、そうした間主観性の実態から始めないと、隘路に陥るのは当然なのである。ミラーニューロン(物真似細胞)、つまり、「他者が感じることへの共感能力や自己意識形成といった、じつに重要な側面を制御しているという」神経細胞の発見は、今後の応用も期待できそうだ。2017/01/22

太鼓

17
すごい面白かったです。今まで読んだ脳科学の本が本書でつながっていくような感覚に囚われました。ミラーニューロンというのは、人が他人の行動や表情を真似することで、行動を学んだり感情を知覚したりするときに活性化する神経です。言語はミラーニューロンが人の手振りや身振りを真似することから生まれたという仮説が出てきます。もちろん仮説です。でも、ニカラグア手話の成立過程を知ると、言語の成立とミラーニューロンには関係があるのではないかと考えてしまいます。2016/05/05

月世界旅行したい

14
すごく面白い。他人にもすすめられる良いノンフィクション。2014/12/30

ケン五

14
これは凄いと思う。心の定義が変わる。言われてみれば、そんなことはあった。確かに以前から何となく感じていた。周りに凄い人がいれば、いつの間にか自分の力量が上がっていることもある。この先の科学をリードしていくテーマかもしれない。もっと知りたい。2011/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3555660

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。