ハヤカワ文庫<br> 数学をつくった人びと〈2〉

個数:

ハヤカワ文庫
数学をつくった人びと〈2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月24日 21時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 421p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150502843
  • NDC分類 410.2
  • Cコード C0141

内容説明

天才数学者の生涯をめぐるエピソードと、彼らが生み出した数々のアイデアがいかに彫琢されたかをたどるユニークな数学史もいよいよ佳境へ。2巻には「数学の王」ガウスを初めとする、近代数学に磨きをかけ、数学の可能性を格段に広げた巨匠たちが登場。また夭折した二人の天才―貧困に苦しんだアーベルや、切れすぎる頭脳ゆえに決闘という愚行へ追い込まれて死んだガロアの生涯などを紹介する。

目次

13 栄光の日―ポンスレ
14 数学界の王者―ガウス
15 数学と風車―コーシー
16 幾何学のコペルニクス―ロバチェフスキー
17 貧困の天才―アーベル
18 偉大なアルゴリスト―ヤコービ
19 アイルランド人の悲劇―ハミルトン
20 天才と狂気―ガロア
21 不変の双子―ケイリーとシルベスタ

著者等紹介

ベル,E.T.[ベル,E.T.][Bell,Eric Temple]
1883年、スコットランドのアバディーンに生まれる。アメリカに移住後、全米数学者協会会長や全米科学振興協会の副会長などを歴任、各種数学専門誌の編集委員もつとめる。1960年死去

田中勇[タナカイサム]
1930年生。法政大学大学院博士課程修了

銀林浩[ギンバヤシコウ]
1927年生。東京大学理学部数学科卒。明治大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

LUNE MER

17
18世紀末〜19世紀初期の古典数学と現代数学の狭間くらいの時期で、この時代の数学って絵画鑑賞みたいな気分で接しても最高の雰囲気。やはりガロアの存在が自分の中では最も大きい。2022/09/27

ハジメ

6
読み物として面白い数学者たちの生涯。偏屈でありながら数学を愛し世間の無理解に運命を翻弄され彷徨う天才たちの姿。かと思えば人間臭い葛藤を抱え、健康を害し、職を失い、革命に命を捧げ、決闘前の幾何の猶予に偉大な研究を仕上げてしまう。数学は創るものだ、と語る解説も高揚感を煽る。2020/01/29

fseigojp

6
ここまでは何とかついていけた フーリエ変換のフーリエさんがプロの数学者でなかったとは意外2015/07/09

roughfractus02

4
19世紀射影幾何学の幕を開いたポンスレから、ガウス、コーシーを経てハイゼンベルクを用意するケイリーとシルベスタの行列の探究までを読むと、著者の純粋数学寄りの選択とそれらに献身した人々への感情移入的な記述に気づく。アーベルやガロアやハミルトンの記述がどこか英雄の悲劇に見えるのもそのためだろう。が、他分野へ橋渡しする応用数学が19世紀数学を活気づけたエピソードは、ガウスの「観察」やロバチェフスキーの「実証」、フーリエの熱伝導に関して楕円関数に時間を浪費したとアーベルとヤーコビに対する非難の記述にも見てとれる。2017/12/22

Z

3
数学者って血も涙もないやつら、かと中学生くらいのとき思ってたが(ごめんなさい)、小説のようなドラマに満ちた数学者の人生が語られ、このシリーズ読んでて楽しい。問題は、数学的な話をもっと詳しくしてほしいのに、ここで詳述する余裕はないと、してくれないこと。自分で動いて、解決しよう。2015/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/378535
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。