ハヤカワ文庫<br> フィンチの嘴―ガラパゴスで起きている種の変貌

個数:

ハヤカワ文庫
フィンチの嘴―ガラパゴスで起きている種の変貌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 22時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 483p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150502607
  • NDC分類 467.5
  • Cコード C0145

内容説明

ガラパゴスには多彩な嘴で有名な鳥ダーウィンフィンチが生息している。20年をかけて彼らを丹念に調査した研究者のグラント夫妻は驚くべき事件を見い出した。鳥たちは気候の変動に応じて刻々と変貌し、「現在」も進化を遂げているのだ―種を突き動かす驚異的な自然の力を克明に描き出し、進化は「過去」の出来事に過ぎないという固定観念を打破するピュリッツァー賞受賞作。

目次

第1部 現生に見る進化(ダフネ島;ダーウィンが見たこと;限りない変異;ダーウィンのくちばし;天の摂理;ダーウィンの法則;2万5000ダーウィン)
第2部 新たなる生物(プリンストン大学;変異による創造;回る炎の剣;見えない岸辺;大いなる別離;分裂と融合の狭間で;新しい生物)
第3部 G・O・D(見えない文字;巨大な実験;外来の力;抵抗運動;伴侶;考えるイスカ)
神とガラパゴス

著者紹介

ワイナー,ジョナサン[ワイナー,ジョナサン][Weiner,Jonathan]
1953年ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学を卒業後、科学雑誌『The Sciences』の編集者を経て、現在は科学ジャーナリストとして活躍。『フィンチの嘴』で1995年ピュリッツァー賞を受賞。2000年には『時間・愛・記憶の遺伝子を求めて』を発表、全米書評家協会賞を受賞した

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件