ハヤカワ文庫<br> 殺生関白の蜘蛛

個数:
電子版価格 ¥766
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
殺生関白の蜘蛛

  • ウェブストアに418冊在庫がございます。(2017年11月25日 21時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150313074
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「松永弾正が蔵した天下の名器・平蜘蛛の茶釜を探せ」豊臣家に仕える舞兵庫は、太閤秀吉と関白秀次から同じ密命を受ける。太閤への恐懼か、関白への忠義か…。二君の狭間で懊悩する男の周囲を、石田三成が暗躍し納屋助左衛門が跳梁する。吹き荒れるのは後嗣を巡る内紛の嵐。果たして権力者達が渇望する平蜘蛛の禁秘は何をもたらすのか?茶器に潜む密謀と秀次事件の真相に迫る歴史ミステリ。第7回クリスティー賞優秀賞。

著者紹介

日野真人[ヒノマコト]
1961年北九州市生まれ。龍谷大学卒業。僧侶。2017年に『アラーネアの罠』で第7回アガサ・クリスティー賞優秀賞を受賞(出版に際して『殺生関白の蜘蛛』に改題)。また、指方恭一郎名義で2011年に第3回城山三郎経済小説大賞を『銭の弾もて秀吉を撃て―海商島井宗室』にて受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「平蜘蛛を探せ」舞兵庫は、太閤秀吉と関白
秀次から同じ密命を別々に受けてしまう……。
窮地に立たされた男が選んだ決断とは――?