ハヤカワ文庫<br> 天冥の標〈2〉救世群

個数:
電子版価格 ¥379
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
天冥の標〈2〉救世群

  • 小川 一水【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 早川書房(2010/03発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 15時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 446p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150309886
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

西暦201X年、謎の疫病発生との報に、国立感染症研究所の児玉圭伍と矢来華奈子は、ミクロネシアの島国パラオへと向かう。そこで二人が目にしたのは、肌が赤く爛れ、目の周りに黒斑をもつリゾート客たちの無残な姿だった。圭伍らの懸命な治療にもかかわらず次々に息絶えていく罹患者たち。感染源も不明なまま、事態は世界的なパンデミックへと拡大、人類の運命を大きく変えていく―すべての発端を描くシリーズ第2巻。

著者等紹介

小川一水[オガワイッスイ]
1975年岐阜県生まれ。1996年、『まずは一報ポプラパレス』で長篇デビュー(河出智紀名義)。2003年発表の月面開発SF『第六大陸』が第35回星雲賞日本長編部門を受賞して以降、骨太な本格SFの書き手として期待が高まっている。また、2005年の短篇集『老ヴォールの惑星』で「ベストSF2005」国内篇第1位を獲得、収録作の「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

文庫フリーク@灯れ松明の火

145
予想通り舞台は地球へ。しかし時代が現代とは。前巻最後の5行、6つの勢力が「救世群」に抗した。「救世群」は深く恨んで隠れた、が気になる。千茅が元首を退いた後の話なのか。この「救世群」がイサリ達の祖先だとして、千茅を精霊として従う意思を持つジョプが<石工>の祖先?圭伍と華奈子は間違いなくセキア家の祖先だろう。カドムに従う石塔型ロボットの名・フェオドールが偶然付けられた名前のはずがない。治療法の見つからない感染症<冥王斑>の世界的流行。その原因となった人間の免疫に関する遺伝子に、かなり一致する6本足の生き物→2014/07/12

ケンケン

130
ジェノサイド好きな方にオススメかも!舞台が一転、現代にタイムスリップ〜パンデミックによる救世群の誕生を描いた物語。回復者と国家・個人との過酷な駆け引きなど読み応えがあり、今作も夢中でした♪例の病気・ロボット・人工知能?の繋がりが少し解明されましたが、また謎が深まり続きが気になる〜(>_<)表紙は、あの場所か!?2013/01/31

みっちゃん

110
はるか未来の植民地星から現代の地球に舞台を移して語られるあの「冥王斑」の出現。これが全ての始まりだったんだ!凄まじいアウトブレイク、他の疾病にはないある特徴から、元患者に向けられる激しい差別。恐ろしくて本を持つ手が震えました。驚きの「断章二」1巻でも見かけた「ダダー」「羊」「フェオドール」のキーワード。自立独立を叫んで「救世群」と名乗る回復者と「フェロシアン」の関係やいかに!?先が全く想像できません。最新巻まで読了された皆様が羨ましいです。2014/01/22

いおむ

107
ウイルス物は好物なので思ったより早く読了。これが第一部とどうつながって回帰するのか、想像を逞しくしつつ、次いってみよう!!2015/03/25

藤月はな(灯れ松明の火)

84
一巻の始原となる巻。世界でエボラ出血熱、デング熱とウィルスによる伝染病が起こっている中で死の匂いとそれへの恐怖、生を渇望する呻き、医療従事者の無力感が伝わるような表紙は胸が締め付けられます。冥王斑の感染者は差別に社会に住まう人間を呪いたくなります。隔離政策を選んだ柊は「なぜ、人は恨むのだろうか?」と問うがそれは彼が不条理によって一切を奪われたことがない権力者であることを証明しているように感じました。隔離政策がすいすい、進む一方でその後への対処は利権争いなどでなおざりという点がリアルで一層、腹立たしいです。2014/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580763

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。