ハヤカワ文庫<br> 虐殺器官

電子版価格 ¥628
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
虐殺器官

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150309848
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう…彼の目的とはいったいなにか?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?ゼロ年代最高のフィクション、ついに文庫化。

著者等紹介

伊藤計劃[イトウケイカク]
1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、人気ゲームのノベライズ『メタルギアソリッドガンズオブザパトリオット』に続き、オリジナル長篇第2作となる『ハーモニー』を刊行。同書は第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を受賞した。2009年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

1089
これまで日本のSFの最高峰は神林長平の『膚の下』と位置付けていた。この作品を読み終わった今、あれは20世紀SFの金字塔であり、これはまさに21世紀の地平を拓くものであると思い至った。近未来テクノロジーのディテイルの確かさと強固なリアリティ。「本質は細部に宿る」のだ。そして、自分が殺した母と、一方ではルツィアへの、過去と現在の絶望的なまでの愛の渇望が喚起する抒情。テーマの持つ今日性―それは現在の世界の構造を看破するものであるかも知れない―そして、時間軸の先にあるものを見据えるスケール感は圧倒的でさえある。2015/10/18

めろんラブ 

572
生と死、罪と罰、善と悪・・・壮大なファンファーレが鳴り響き、伊藤劇場の幕が上がる。矛盾をはらんだ行為に邁進する人間の実存を、予測不能のストーリー展開と凄まじいスピード感で描き切っている。多くの情報を必要とする内容だが、安易に説明に陥らず描写として成立させる技量と、饒舌ではあるが贅肉を削ぎ落とした表現力に、ただただ呆然とした。これがデビュー作とは・・・。大いなる才能がすでに喪われている現実と、この作品に漂う無常観がどうしてもリンクしてしまう私は、伊藤氏の読者として不適格なのかもしれない。合掌。2012/10/06

吉野ヶ里

531
面白かったです。やっぱ、小説家って勉強してんだね。オチはあんまり好きじゃないけど。人間はそんなに大きな責任を負えるの? そこまでいくと人間ではないんじゃね、責任の概念は自由意思を伴うのはわかるけれど、それは社会の中でしか有用に機能しない気がする。人間の強度はそんなに強くないんじゃないかな。選択す「べき」なのはわかる。自由意思を信じたいのもわかる。でも、選択なんて「できない」って気もするんだよ。遺伝子や環境に罪を負わせられるのか。誰かを批判することは出きるか。2016/03/02

佐々陽太朗(K.Tsubota)

497
伊藤氏は9・11のあとの近未来社会でテロの驚異を根絶するために徹底的な管理社会を出現させ、絶大な力もつ国家を描くことで「正当化された殺人があるかどうか」という命題(この命題はドストエフスキーが『罪と罰』で問うた命題でもあるが)を読者に突きつける。そして「生まれたばかりの赤ん坊の心は真っ白な石版であって、その後の心や行動はすべて環境によって書き込まれる。従って人はみな平等だ」などという浅薄な”そうあるべきだ”理論に疑問符を投げかけているところがすごい。2011/02/11

Yunemo

487
消化しきれないまま読了というのが本音です。SFながら現実部分と折り重なって、どうにもついていけないところがありまして。グッと引き込まれる部分と、あからさまに突き放されたと感じる部分が錯綜して、戸惑います。自由っていったい何なの。人間の本性って何なの。突然のごとく提起される問題。答えられません。タダ一つだけ、主人公の実感が、現在の人間らしさに間違いなく伝わってきています。世界観という面では、ある意味でのリアルさがそのまま身に沁み込みます。2014/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。