ハヤカワ文庫<br> 未踏の時代―日本SFを築いた男の回想録

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
未踏の時代―日本SFを築いた男の回想録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 13時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309763
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0193

内容説明

1959年12月、『S‐Fマガジン』が創刊された。初代編集長は福島正実。それまで商業的に成功したことのなかったSFを日本に根づかせるため、彼の八面六臂の活躍がはじまる。アシモフ、クラーク、ハインラインに代表される海外のSF作家を紹介するとともに、小松左京、筒井康隆、光瀬龍などの“新人作家”を世に出し、SFのおもしろさ、その可能性を広く紹介してゆく…SF黎明期における激闘の日々を綴る感動の回想録。

著者紹介

福島正実[フクシママサミ]
1929年生まれ。編集者、作家、翻訳家、評論家。明治大学文学部中退後、早川書房に入社。1957年、都筑道夫とともに『ハヤカワ・SF・シリーズ』を立ち上げる。1959年12月、『S‐Fマガジン』を創刊。初代編集長として敏腕をふるい、それまで商業的に成功しなかったSFを日本に定着させるため、さまざまな分野で精力的に活動した。1969年、早川書房退社後も、『S‐Fマガジン』誌上に、創作、翻訳、ブックレビュー、科学エッセイなど旺盛に執筆。1976年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)