ハヤカワ文庫<br> ノーフォールト〈下〉

個数:

ハヤカワ文庫
ノーフォールト〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 02時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150309664
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

患者の遺族から訴訟を起こされた奈智を待ち受けていたのは、過酷な現実だった。裁判の焦点は、患者の死亡原因が奈智の医療ミスだったかどうかに集中し、遺族側の弁護士から執拗な追及を受けた奈智は、ついに精神のバランスを失ってしまう。いっぽう、同僚の医師たちは懸命に原因の究明を行なうが…緊急手術、医療事故、裁判、そして苛酷な勤務―現役の医師が医療の危機の実態を描き出す、感動のヒューマン・ドラマ。

著者等紹介

岡井崇[オカイタカシ]
医学博士。昭和大学医学部産婦人科学教室主任教授。昭和大学病院総合周産期母子医療センター長。1947年和歌山県生まれ。1973年東京大学医学部を卒業後、東京大学医学部助教授、総合母子保健センター愛育病院副院長等を経て現職にいたる。日本医学会評議員、日本産科婦人科学会常務理事、日本周産期・新生児医学会副理事長、日本超音波医学会理事長、東京都周産期医療協議会会長ほかを勤める。今年より実施された産科医療補償制度では、原因分析委員会委員長に就任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

dr2006

27
医療行為や検査技術の進歩は日進月歩目覚ましく、その時点で出来得る最善を尽くした医療行為の結果助からない命もある。それは「無過失」なのか?医療は本来自然科学であって、自然の摂理である「命」に対し行為を行う。だが、患者によっては医者に対して完全なる快気を期待し、救えなかった場合医師の医療行為に責任を問う。医療事故裁判の増加は、不文律の医師への信頼だったものが、契約書による債務履行に置き換わってきていることを示す。現代医療の複雑な内情と取り巻く法や規制の隙間にフォーカスしメスを入れた硬派な作品。勉強になった。2016/11/04

James Hayashi

23
小説としてはあまり読み応えがないが、医療過誤やそれに対する補償、現在の医師不足による過度の当直(月に20日など)とリスクの伴う仕事であり、長い経験を必要とする専門分野であるためか人材不足が問題になっている事を浮き彫りにしている。社会保障の進む国では一般化されている無過失補償制度(ノーフォールト)は著者の活躍により日本も導入したという。米国の様に訴訟社会になるのでなく、医者も患者も協調し守られる社会であってほしい。2016/06/17

ちょん

23
産婦人科医の苦悩があますことなく書かれていたと思う。お産は正常で当たり前という患者の観念。医師の努力を見ずに訴訟へ持ち込む患者。そしてそれを助ける弁護士。もちろん、心ある弁護士はいるし、いい加減な医師もいるだろう。医師と患者の信頼関係なくしては、何も始まらない。2013/09/04

きゅ

12
後半はほとんど作者の主張が語られているという感じなので、もっと登場人物たちの心情を丁寧に描写してくれてればなぁと思う残念さはある。しかし、医療現場の現実については初耳のことばかりでとても勉強になった。曲がりなりにも医療機関で働いている身としては、患者との向き合い方についても非常に考えさせられるものがあった。一市民としては、やっぱり医者は病気を見つけてくれるはずだし治してくれて当然と思っていた節がある。せっかく患者のために身を粉にして最善を尽くしたのに、結果次第で患者と揉めることになるなんて切なすぎる。2022/03/28

青葉麒麟

8
意外とアッサリ読めた。人物が軽い気がする( ̄ー ̄)裁判後が長すぎ。手紙の送り主が判った時、一寸引いた( ̄▽ ̄;)2012/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/518392

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。