ハヤカワ文庫<br> 人面魔獣の挑戦―クラッシャージョウ〈6〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
人面魔獣の挑戦―クラッシャージョウ〈6〉

  • 高千穂 遙【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 早川書房(2009/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 23時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150309510
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

その標的になって生きながらえた者はいないといわれる暗殺結社“クリムゾン・ナイツ”。彼らに命を狙われているという連邦首相から護衛を依頼されたジョウだったが、契約を終えた直後に首相は殺されてしまう。任務に失敗した彼に与えられた失地回復の猶予は240時間。残された凶器のニードルガンを手懸りに、必死の捜査の末、結社の本部を突きとめたジョウたちを待ち受けていたのは、究極の殺人兵器、人面魔獣だった。

著者等紹介

高千穂遙[タカチホハルカ]
1951年愛知県名古屋市生まれ。法政大学社会学部卒。在学中にアニメーション企画・制作会社「スタジオぬえ」を設立。1977年“クラッシャージョウ”シリーズ『連帯惑星ピザンの危機』で作家デビュー。1980年より、ユリとケイの二人組を主人公とする、“ダーティペア”シリーズをスタート。SFファンの圧倒的支持を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

halloween.knight

7
ジョウがやられたぁ〜(≧∇≦)2016/10/18

さこちゃん

4
もはや人類に敵なしのクラッシャージョウチーム。未知の怪物相手の死闘は読み応えがあった。そしてアルフィンの気性の荒さが随所に。その見た目とのギャップが好きです。ジョウの運命や如何に。次巻に続く。2016/12/07

めぇにち

3
再読。改めて読むと、伏線どこ? って感じてしまった。ちょっといろいろと唐突な感じ。初読の時はウーラがアルフィンのライバルという意味であまり好きじゃなかったんだけど、今回は好きとか嫌いとかいう以前に、呆気なさ過ぎたな、と思った。ジョウがクラッシャーの招集を叫ぶシーンは心地よさを感じて好き。2016/05/28

やきとり

3
作者が一番脂が乗っていた頃に書かれた一冊でとにかく展開がスピーディーでジョウと一緒にあれよあれよという間に事件に巻き込まれて行く。残されたニードルガンの手掛かりを追っての追跡劇。合間に入る戦闘が凄く、手に汗握るシーンの連続。前半だけでもイオノクラフトでの空中戦、戦車とアンドロイド戦闘部隊、ミネルバでの衛星軌道戦闘とてんこ盛り。しかしこの巻の魅力はなんと言っても後半の人獣との肉弾戦。これでもかといういうぐらいの戦闘が堪能できてしまう。この作者の場合、ストーリーは付け足し的な扱いが多いのだがこの巻は話も面白い2014/05/27

Zhao

2
そして僕らのクラッシャージョウ! しかしこのシリーズはほんとに味方のゲストキャラがお約束のようにあえない最期を遂げてしまうなぁ・・・ 今回は次回に含みを持たせた終わり方だけどジョウは不滅だ(笑)2013/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/367833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。