ハヤカワ文庫<br> 耽美なわしら〈1〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
耽美なわしら〈1〉

  • 森 奈津子【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 早川書房(2009/02発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 17時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 393p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309497
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

超兄貴サイズの体格に白薔薇のごとき心をもつ大学生作家・矢野俊彦は、同性の百合小説作家・千里を「世界一美しい人」と崇拝していた。しかしある日、千里の作品に感動した漫画家の彩子が、彼を女性と思い込み、同性愛のターゲットにしてしまう。横暴で好戦的な美女・彩子に、クールな毒舌漫画家・志木、さらには小悪魔的な美少女・美穂に翻弄されながら、俊彦は愛する千里を守れるのか?伝説の恋愛コメディ、ついに復活。

著者等紹介

森奈津子[モリナツコ]
1966年東京都生まれ。東京女子大学短期大学部英語科、立教大学法学部法学科卒。1991年、『お嬢さまとお呼び!』でデビュー以後、“お嬢さまシリーズ”“あぶない学園シリーズ”などの少女小説で人気を博す。90年代後半からは一般文芸にも進出し、日本SF大賞の候補となった作品集『西城秀樹のおかげです』『からくりアンモラル』(ハヤカワ文庫JA)をはじめとして、性愛をテーマにしたSF、ホラー、現代小説などの長短篇を数多く発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりもん

34
個性豊か過ぎる人達の集まり。成就しない片思いのせいで複雑な人間関係にもなっているのに爆笑できるこの話は大好き2010/04/18

扉のこちら側

27
初読。タイトルからしてもう元気が出てしまう。2006/11/07

明智紫苑

23
『ショムニ』のフリーランス版にして性的マイノリティー版のような内容の短編小説集。『ショムニ』や『ハッピー・マニア』が「ヘテロセクシズム全開だった時代」ならではの作品なのに対するアンチテーゼ。それはさておき、彩子さんは仮に異性愛者だったとしても全く男性にはモテなさそう。美人過ぎて性格がキツい人は、「普通の女の子」よりもよっぽど異性愛では不利そう。美穂ちゃんが異性愛者だったら普通に男性にモテそう(実際、バイセクシュアルではあるが)。2020/05/08

ぺぱごじら

21
作品は今から15年前のもの。当時を振り返って作品を見直すと、随分先鋭的な描きっぷりだと(笑)。題材はセクシャルマイノリティですが、特に官能的な描写もなく普通に面白いラブコメです。登場人物が皆美形でお洒落なのはタイトル通りでもありますが、当時の世相(月9を始めとするトレンディもの)もあるのかもと感じます。いずれにせよ懐かしい空気ですけど古くはない。むしろ世間が追い付いたかのようなお話。2010/10/02

にく

21
10年以上振りに森奈津子の著書を読んだ。あとがきにあった「越えなければならないあの作品」は「お嬢様シリーズ」?「あぶない学園シリーズ」?結構彷彿とさせるキャラ達だったので、両方なのかも。一般文芸に移ってからはセクシュアルな部分が露骨なようだったので敬遠してましたが、いやぁ笑った笑った!ASUKA掲載ならこれも少女小説として書かれたんだろうから、そのせいかもしれませんが。続きも読まなくては。2010/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。