ハヤカワ文庫<br> 黙星録〈2〉慟哭は世界の爪痕

電子版価格 ¥712
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
黙星録〈2〉慟哭は世界の爪痕

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309480
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

アル・ヴェルガスのラインバック提督の活躍で、ベルゼイオンの占領下にあった衛星アル・ゴは取り戻され、ランディスヴァーゲンが準備してきた和平交渉も思わぬ陰謀によって潰えた。その頃、暗殺されたベルゼイオンの歴史学者ラシード教授の研究の痕跡を調べていた元軍医のミレと、元“虎”部隊長のキバは、二重太陽系の恐るべき運命を知る。しかし両星に厄災が迫りつつあるなか、両軍の名将は戦いへの道を強いられていく。

著者等紹介

荻野目悠樹[オギノメユウキ]
1965年東京都生まれ。横浜市立大学商学部卒。『シインの毒』で1996年度集英社ロマン大賞を受賞してデビュー。『破剣戦鬼ジェネウ』『六人の兇王子』など退廃的にして絢爛たる異世界ファンタジイ・シリーズで人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。