ハヤカワ文庫
さくらインテリーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 460p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309138
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

さくら児童公園に住み着いた、元中学教師の高木(女生徒と淫行し免職)、元図書館司書の鳥越(ストーカー行為で馘)、元考古学者の藤守(捏造がばれ追放)。その縄張りに謎のデブ男が侵入した。住みかを守るべく男をぶちのめした3人は、ほどなく彼を利用した計略を思いつく。が、それが血で膿を洗う地獄を生み出し、社会の根幹を揺るがすことに!宿無しの狂気が愉快に暴走する予測不可能&高濃度ホームレス流転小説。

著者等紹介

戸梶圭太[トカジケイタ]
1968年東京生まれ。学習院大学文学部卒。98年『闇の楽園』で第3回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞して作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

H!deking

83
今回の主人公は新宿の公園に住むホームレス。トカジ+ホームレスで面白くないわけがない。今回も激安な登場人物たちのめちゃめちゃなストーリーでした。寝る前にくっくっく、って笑いを噛み殺しながら読んでいたら妻に、うるさいわよ、何時だと思ってるの、って言われたので、うるさいのはお前だろ、この激安の豚女!って言い返そうと思ったけど殺されかねないので、はい、ごめんなさい、と布団を被って寝ました。やっぱりトカジ最高。癖になります。2019/11/16

harass

66
2000年のエンタメ本からこの作家を知り借りる。ペラッペラの安い理由で犯罪を起こすどうしようもない連中たちの話が得意と聞いた。ちっぽけな『北新宿さくら児童公園』のホームレス三人たちが主人公。利己的な人物たちの無茶苦茶な展開にどうなるのかと読んでいった。筒井の露悪的なエログロドタバタを連想。60年代当時だと目を引くが、今ではコミックや映画があるので、小説の限界を感じる。この無軌道ぶりに意表を突かれたのでをもう少し追いたい。2018/10/20

ろけっと

21
北新宿さくら児童公園に住む4人のホームレス。彼らは以前、知的な職業に就いていたことから自分達をさくらインテリーズと名付けた。 しかし彼らの人生に待っていたのはとんでもない展開だった。金持ちに殺されそうになったり、電波な人に奴隷のように扱われたり、列車爆破に巻き込まれたり、最後にはゾンビ軍団に襲われたり.. 戸梶作品の中では比較的まともな作品だったが、相変わらず救われないなぁ。2011/01/03

roomy

9
ライブラリー本。面白くてついつい読んでしまったが読後感はいまひとつ。初戸梶作品だったのですが、想像していたのとは全く違いました。笑 他の作品はどんな感じなのかな。最近は読後感が良い本を読みたい傾向にあります。2012/09/26

rara

4
どこまで行くねん!と言わずにおれないくらいに突っ走りまくるストーリーにえげつなさと笑いのマッチングがイカす!小ネタにもいちいちセンス感じるなあ〜2011/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/493156

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。