ハヤカワ文庫<br> ロミオとロミオは永遠に〈下〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
ロミオとロミオは永遠に〈下〉

  • 恩田 陸【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 早川書房(2006/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月17日 06時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 404p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150308568
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「大東京学園」の存在意義に疑問を感じはじめたアキラは、何者かの計略により「新宿」クラスへと降格になってしまう。そこでは、リーダーのシマバラはじめ13人の生徒たちが、学園からの脱走計画に命を燃やしていた。一方、肉親の死に絶望し、20世紀への思慕を募らせるシゲル。それぞれの想いが交錯するなか、学園最大のイベント「大東京オリンピック」の開催日にして、“脱走の特異日”である10月10日が迫っていた―。

著者等紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。1992年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第2回本屋大賞、第26回吉川英治文学新人賞受賞。2006年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

相田うえお

99
★★★☆☆21073【ロミオとロミオは永遠に〈下〉 (恩田 陸さん)】今年は東京2020ですが、下巻話は近未来の大東京オリンピックから昭和39年の東京オリンピックへと。うん、タイムリー!さて、近年、オゾン層破壊,温暖化,氷河融解.ゲリラ豪雨,寒暖地域逆転,宇宙ゴミ散乱,未知のウイルス蔓延など、とても人類が、地球が、永久に安泰でいられるとは思えない事ばかり。それら問題の殆どが自分(人類)で自分(地球)の首を絞めてる的な気もします。もしかすると、この作品のようなディストピアと化すのは時間の問題かもですね。2021/08/02

拓郎

51
上巻よりサブカルネタが少ない分スピード感があって楽しめました。ハンカチ落としってみなさん知ってるのかなー。私は知らなかった。登場人物が多くフォローするのが大変でした。2015/09/19

kei@名古屋

41
脱出とはこういう事なのか!バブルや昭和が好きな人たちには非常に楽しめる近未来のお話だったはずが、某●の惑星が好きな私はあの見終わった時の虚無感を感じたのと、希望に溢れるこのオリンピック前に読めたこと。いろいろな感情が入り乱れれた上下巻だな。これ誰か知り合いの人にも読んで欲しいなぁ2018/07/30

アマニョッキ

41
下巻は一気読み。本当に面白かった!こんなにサイケでキッチュな作品は久しぶり。下巻もいろんな角度から楽しませてもらいました。あらためて昭和のサブカルがどれだけエネルギッシュで魅惑的かを知らしめてくれる素晴らしい作品でした。タイトルの意味をまだ考えついていないという恩田さんでしたが、ロミオとロミオが永遠にこのサイクルをたどる、、、と考えると一気に恐ろしくなりますが、私は永遠に幸せに暮らせるほうに賭けたいかな。しかしテリー・ウォシャウスキーの名前には笑いました。やっぱり恩田さんとは映画の趣味が合いそうです。2017/04/30

siro

40
下巻はドキドキしながら一気読みでした。少年達の友情、謎の内通者、不思議な電話BOX、大脱走。どーなるの~って期待したわりにはアッサリした結末だったかなぁ。電話BOXからの声はそういうことですか。面白くて、ちょっと切なくて、でもよく分からないままの所も多かった。いつもの恩田作品と雰囲気がちがうかなと思いますが、読者に委ねる感は正に恩田作品でした。2013/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574664

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。