ハヤカワ文庫<br> 川の名前

個数:
電子版価格 ¥341
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
川の名前

  • 川端 裕人【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 早川書房(2006/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 01時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 487p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150308537
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

菊野脩、亀丸拓哉、河邑浩童の、小学五年生三人は、自分たちが住む地域を流れる川を、夏休みの自由研究の課題に選んだ。そこにはそれまでの三人にとって思いもよらなかった数々の驚くべき発見が隠されていたのである。ここに、少年たちの川をめぐる冒険が始まった。夏休みの少年たちの行動をとおして、川という身近な自然のすばらしさ、そして人間とのかかわりの大切さを生き生きと描いた感動の傑作長篇。

著者等紹介

川端裕人[カワバタヒロト]
1964年兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。東京大学教養学部(専攻は科学史、科学哲学)卒。日本テレビ入社後、科学技術庁、気象庁の担当記者を経て、1997年退社、フリーランスに。1998年『夏のロケット』でデビュー。以後、先端情報を駆使してさまざまなテーマに取り組んだ小説を発表するほか、自然と人間のかかわりを題材にしたノンフィクションも多数執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rico

90
カワガキって響き、いいなあ。川は山から生まれ、その流域に恵みをもたらし、世界につながる。少年たちは川をめぐるひと夏の冒険を経て、見事カワガキ認定。友情や葛藤、大人との戦いと信頼、そして成長。夏休みの課題図書、かな。突っ込みどころは多々ある。小5でこれはスペック高すぎ!フツーの男子は蚊帳の外かい、とか、ここまでやったらさすがに大人も黙ってないだろ、とか。でも、夏の終わり、こんなおとぎ話を読むのも悪くない。少年たちは息子とほぼ同年代。ゆとり世代ど真ん中。あの頃の空気感が懐かしく、ちょっと胸が痛くなる。2020/08/27

へくとぱすかる

78
夏休みの冒険。子どもたちの間にも対立はあるけれど、もっと深刻なのは大人との対立。遠い昔に読んだ、ランサムのシロクマ号もそんな話だったかな? 読み始めたときは、日常の物語だったけど、現代日本だから、もっと大変な話に発展するわけである。長い物語で、しかも後半がすごく緊迫感をともなうので、ページをめくるのがもどかしいほどだった。転校生だった脩が視点人物だけど、ゴム丸や河童(ニックネームです)と、三人組としての共感を感じながら読んだ。手嶋くんも含めて、家族とのかかわり方もバックにして物語をふくらませていると思う。2021/08/18

りょうこ

46
とても良い本でした。一人一人のキャラもテンポも良いので一気に読めた。特に喇叭爺が良かったなぁ!カワガキってのもいい言葉だな。私はなにになるのかな?あっ...広瀬川河口か?(>∀<●)ノ2013/04/11

ヴェネツィア

35
4人の小学5年生「カワガキ」の成長物語。キー・コードは川。現代の物語だが、郷愁を誘う。それはおそらく、作者自身が「喇叭爺」に象徴される、川から失われたものに強い愛着を持って作品を書いているからだろう。終章は予想通りではあるが、さわやかな印象と読後感を残す。2012/03/05

たかやん

27
ドキュメンタリー番組でプロのクリエイティブな人たちが作品の「ネタ探し」を兼ねた街巡りする姿を目にする度に抱いてしまう言葉にできない不快感。それを、主人公のプロの写真家である父に対する嫌悪感でもって言語化してくれてる。ー父さんはいつも「ファインダー越し」だ(p416)ー読書で置き換えるなら、読んでる最中からレビューで何を書くのかを考えすぎてしまうようなもの。僕は本と直に向き合えてるのかな?と今回は実際の小説から逸脱したことをぼんやり考えつつ、夏が終わろうとしてるだけに少年らの夏休みの冒険に浸る。2017/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/529098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。