ハヤカワ文庫<br> ジャンキー・ジャンクション

電子版価格 ¥616
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ジャンキー・ジャンクション

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150308148
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

登山家、筧井宏はネパールの山中で得体の知れない男、デヴィッド・マクスウェルと出会い、彼の予言めいた言葉に導かれるように、ヒマラヤ国際登山隊に加わることになる。他のメンバーは、日本人女性の加藤由紀と、イギリス人男性のジョージ・フェアリングとデニス・ワーウィック。しかしこの登山隊内には最初から不可解な軋轢が見え隠れしていた。クライマーたちが過酷な状況で遭遇した幻想と狂気を描く迫力の山岳小説。

著者等紹介

谷甲州[タニコウシュウ]
1951年兵庫県伊丹市生まれ。大阪工業大学土木工学科を卒業後、建設会社に勤務。退社後は、青年海外協力隊(ネパール)に参加する。その間に創作を開始し、1979年「奇想天外」誌でデビュー。広報誌の編集、国際協力事業団の派遣専門家(フィリピン)などを経たのち、執筆活動に専念。数々のSF・冒険小説を発表した。1996年『白き嶺の男』で第15回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヤスヒ

13
著者が15年をかけて完成させたという山岳小説。ヒマラヤに挑むクライマーたちの命懸けの登山の様子が描かれていている。しかしただそれだけではなくこの物語には幻想的な要素が織り交ぜられ、またサスペンスフルな展開にもなっている。今までに読んだ山岳小説とはひと味もふた味も違うという印象。登山の過酷さ、クライマーたちの心理と緊迫感、山が持つ神聖さ、そしてフワフワとした幻想的な雰囲気…それらが妙にマッチしていた。何となく霧の中に迷い込んだような不思議な感覚になった一冊。まるで白昼夢をみたかのようだった。2012/08/29

つちのこ

4
谷甲州は、1981年にインドヒマラヤ・クン峰に登頂しているほどの作家である。その豊富な登山経験からこの作品が書かれているが、山岳描写から横道にそれる内容になってくるのが不満要素。山一本勝負で書いて欲しかった。(1997.1記)1997/01/18

Tetchy

4
単なる山岳小説と思って読むと、面食らうような内容。発端の導入部から「これは単なる山岳小説ではありませんよ」と警告を促していた事がわかる。この小説はまさにこの非現実的な設定にノレるかノレないかに懸かっているといえる。迫力の登山シーンと超自然的現象である「口寄せ」、そして予知視、もしくは幻視。現実と非現実が渾然となったこの作品。一見アンバランスに思えるが、地球上で最も宇宙に近く、酸素の薄い場所においては何があっても不思議ではないという作者からのメッセージなのかもしれない。2010/01/08

yamakujira

3
ヴァジュラカン登頂を狙う人々をえがく山岳小説。だけど、幻視幻聴をオカルト的な味わいに使っているのはSF作家らしい。人界を越えた高山では、なにがあっても不思議じゃないね。 (★★★☆☆)

R W

2
幻想的な場面も盛り込まれているが、骨太の山岳小説としても読める。クライミングや自然の脅威などの描写リアルで生々しい。命がけで山と向き合っている登場人物たちの姿を通して、実際にその場にいるような感覚にさせられた。2018/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/416760

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。