ハヤカワ文庫<br> ミステリオーソ

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ミステリオーソ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 333p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307936
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

本書と続刊『ハードボイルド』は著者初のエッセイ集『ミステリオーソ』(95年)に、その後著された新たなエッセイ・対談・短篇を加えて再編集した“原〓(りょう)エッセイ集”増補版。本書は、映画とジャズが大好きな少年がハードボイルド作家としてデビューするまでの紆余曲折を豊かな感性で表わした「飛ばない紙ヒコーキ」を始めとして、おもに映画・ジャズ・自身に関するエッセイと対談を収める。原〓(りょう)の世界を知る最適の書。

目次

飛ばない紙ヒコーキ
観た聴いた読んだ
視点
トレンチ・コートの男たち
ジャズについての六つの断章
ジャズを愉しむ
同級生おじさん対談(中村哲)

著者紹介

原〓[ハラリョウ]
1946年佐賀県鳥栖市生れ。九州大学文学部美学美術史科を卒業。70年代はおもにフリージャズのピアニストとして活躍。30歳頃から意識的に翻訳ミステリを乱読し、特にレイモンド・チャンドラーに心酔する。88年、私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』によって日本のミステリ界に颯爽とデビュー。89年に長篇第2作『私が殺した少女』を発表、第102回直木賞を受賞