ハヤカワ文庫<br> 蒼いくちづけ

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
蒼いくちづけ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

精神感応者と普通人が共存する月開発記念市。テレパスの少女ルシアは信じていた恋人に裏切られ、命を落とそうとしていた。男は、他者の脳内感応細胞を奪いながら逃亡を続ける犯罪者だった。やがて彼女は脳死を迎えるが、体内に残存した憎悪の念は、周囲に災厄をもたらしはじめる。いっぽう遙か地球では、その強烈な念により危地を救われた男がいた―無限心理警察刑事OZは月へ向かう、ルシアの魂を救済するために…。

著者等紹介

神林長平[カンバヤシチョウヘイ]
1953年新潟県生まれ。1979年、第5回ハヤカワ・SFコンテスト佳作入選作「狐と踊れ」で作家デビュー。第1長篇『あなたの魂に安らぎあれ』以来、独自の世界観をもとに「言葉」「機械」などのテーマを重層的に絡みあわせた作品を多数発表、SFファンの圧倒的な支持を受けている。『敵は海賊・海賊版』、『グッドラック戦闘妖精・雪風』などの長短篇で、星雲賞を数多く受賞(以上、早川書房刊)。1995年、『言壷』で第16回日本SF大賞を受賞した
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まこ

9
殺されたテレパスの少女の遺体は、強烈な残留思念…復讐の殺意を抱えていた。月から地球にも届くほどの強い思念は、やがて周囲に影響をもたらし始める…人類が月に移住したSF世界が舞台。人の心が読めるテレパスと普通の人がいる。月の街やテレパス同士の精神的戦闘など、約250ページの短さの中でよく表現されているなという印象。テレパスの残留思念といえばSFだけど、怨念と言えばホラーとも言えるわけで、ちょいちょいホラーっぽい描写も。苦手な人は注意。とはいえ解説では未来の白雪姫とも評されていて、結末も優しく読後感は爽やか2014/08/12

inarix

5
月面都市でひとりのテレパスの少女が恋人に裏切られ、激しい憎悪を抱いて死ぬ。やがてその念が周囲の人々に死をもたらし始めるが、逆にその憎悪に救われた者もいた。無限心理警察刑事OZ。強力なテレパスであるがゆえに孤独であった彼は、少女の魂を救うために月へと向かう――。読んでいる間、ディックの『流れよわが涙~』作中の台詞が思い出されて仕方なかった。「ほんとうに愛してくれていて、助けてくれる人には会えないものよ。知らない他人とばかり関わりあいになるのよね」。でも、死んでから出会っても、救い、救われる関係がここにある。2014/03/20

どんまいシリル

4
サラッと読めたが、途中オカルトチックで緊張した。誰が主人公か解らない感じがした。良し!次に期待しよう。2015/03/03

おぎにゃん

4
幸薄き少女が死の直前に抱いた憎しみの思念を、OZは「浄化」できるのか…ただ一つの愛を奪われた少女の悲しみが胸に染み渡る。ラストの「救い」では、切なくも優しい気持ちになれる。センチメンタリズムあふれる小品。純真な少年時代に読みたかった。2014/01/13

H2A

4
シリアスな設定の怨霊もの。裏切られて脳死した女性の怨念が周囲に災厄をもたらすが、その理由が神林風の味付けで再構成される。テレパスという使い古された素材の扱いも独特。単発もので短いがもう少し長く書いてくれてもよいかと思った。ハードボイルドなイメージの強い神林の、別な一面を覗かせる。2013/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530945

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。