ハヤカワ文庫<br> 疑惑の月蝕―グイン・サーガ〈77〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
疑惑の月蝕―グイン・サーガ〈77〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306571
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ジェニュアからの脱出を図らんとするナリス軍。そしてこれを追討するレムス国王軍。両者は夕刻、ルーナの森でついに激突した。ヤンダル・ゾッグのあやかしか、巨大な眼球となった不気味な月が見おろす下での戦闘は熾烈をきわめ、森は鮮血に染まる。同じ月の下、魔空間に変容したクリスタル・パレスで、恐怖に打ち震えるリンダの姿があった。そしてその一方、戦場を驚愕の知らせが駆け抜ける。「アルド・ナリス崩御―」と。

著者等紹介

栗本薫[クリモトカオル]
別名中島梓。東京生まれ早稲田大学文学部卒。77年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門を受賞。78年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞受賞。以後、作家・栗本薫、評論家・中島梓を使い分けて多彩な文筆活動を展開する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたる。ライフワークともいうべき一大長篇ロマン「グイン・サーガ」は、全100巻を目指して早川書房より刊行中。主著書に『絃の聖域』、『魔界水滸伝』ほか多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀧ながれ

35
「アルド・ナリス自死」の報が、パロのみならず各地に届く。…真偽はともかくとして(ニュースをきいた誰もが、本人と会ったことがないグインまでが、「アルド・ナリスのことだから、偽りじゃないのか?」と必ず一度は疑ってかかるって、ナリスの人徳よねぇ(笑))。それは、ゴーラのイシュトヴァーンに暗い炎を灯し、ケイロニアに身を隠すマリウスをパロへと飛び立たせるのだった。マリウスにとっては、ケイロニア脱出のための、格好の言い訳ができたのだと思うなあ。重苦しくて、読んでて辛い巻でした。他のやりかたはなかったのかい、ナリス。2015/12/27

nonたん

32
タイトルでバレてるよ。疑惑過ぎ。だって、あいつ死ぬときにアッサリでは有り得ない!早く逝けってぐらい長いに違いないもの!周りの国に伝えられて、その反応が描かれてます。バカチンのチャンスだなには、笑えた!そして、マリウスはやっぱり…このどうしようも無さは唯一無二ではないだろか…笑ってやれ~。リギアさんは離れて行くのかな…。2012/04/30

きーみん

19
タイトルの疑惑って、ほんとに「月」が隠れたかどうか、って事かな?「嘘に決まってんだろ!」と思ってるけど、はてさて。マリウス、この子はも〜!奥歯がギリギリする!ヴァレさん、出番遅いよ。2011/03/14

Toshy

18
ナリスのことでみんなが狼狽している姿が印象的でした。スカール、リギア、イシュトバーン、カメロン、マリウス、みんなが情けなくて何だかなぁ。。の一冊でした。2013/12/23

きらら@SR道東民

17
続きが気になり、何はさておき必死で読了、なのに又このラスト、他の本が併読出来ない・・・・。ほんと、作者が一番の悪党・・・。それにしてもリギアといい、マリウスといい情けないというか何というか、ああ~ナリス様、まさか、まさか・・・(感想になってない)、疑惑なんだし、ここでいなくなるなんて、この展開をどう収拾するの・・・とにかく次を読むしかないです。2013/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571261

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。