ハヤカワ文庫<br> 風の挽歌―グイン・サーガ〈67〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
風の挽歌―グイン・サーガ〈67〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150306229
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

シルヴィアを救出したグインたちは、キタイからノスフェラスを越え、無事トーラスにたどり着いた。マリウスは、愛妻のタヴィアが帰りを待ちわびる「煙とパイプ亭」に戻り、娘のマリニアを初めてその腕に抱く。そして、グインもまた「煙とパイプ亭」を訪れ、主人のゴダロに、かつてセム族の襲撃を受けたスタフォロス城で、ある勇士から託された伝言を伝えるのだった―グインの帰還により、激動の中原情勢に新たな展開が。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

31
グイン キタ——(゜∀゜)——!! やっぱり本編の主人公はグインでなければ! 煙とパイプ亭の皆さま方、どうしてこうも泣かすかなぁ。本気で泣けたわ。新たな幸せの種も出来たことだし、これからはずっと幸せな家族でいてほしい。さて、帰ろうよ!2011/12/02

瀧ながれ

23
外伝と本伝をつなぐ巻であり、1巻からの伏線をようやく回収巻でもある。ので、大事なチェックポイントをやっと踏んだぜ!と妙な到達感がある。ノスフェラスを越えて中原に戻ったグイン一行。ザザとウーラは彼らの住むべき場所に帰り、迎えにきたケイロニア軍にシルヴィアを託したグインは、マリウスの案内で、「トーラスの『煙とパイプ亭』のゴダロ」を訪ねてゆく。ようやく伝えられた言葉。グインとカメロンの出会い。そしてマリウスとオクタヴィアの旅立ちと、しずかだが感動的な場面が次々と展開する。もうこれでいいや、これで満足!(笑)2015/10/06

きーみん

18
とうとうこのシーンを読むことができた!1巻からず〜っと心ひそかに「いつだろう?まだかな?そろそろ?」と思いながら待っていたので、感慨無量!ホントこの一家にはいつも泣かされる。どうかこの人達に、もう災厄が降り掛かりませんように!2011/02/24

Toshy

14
グインが再登場。一体何巻ぶり?彼が出てくると感動シーンがいっぱいです。第一巻で引っかかっていた点がここでやっと解消されました。これからどんどん話が進んで行きそうです。2013/11/24

きらら@SR道東民

14
やっと本編にグインが帰ってきました!広げに広げた大風呂敷を回収していくストーリーの面白い事!この巻は一気読みでした。とうとうグインが”煙とパイプ亭”を訪れオロの伝言を伝える時がやってきました。オロに二度も助けられたグイン、思えばあの頃がこの壮大なストーリーの始まりでグインと共に懐かしさが込み上げてきました。時の人たちが出会う瞬間にも胸がドキドキしました。それにしてもタヴィアは何て凛々しくてかっこ良くて素敵なの。そんな彼女にカメロン、恋したの?・・うふふ。2013/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。